ECのバックエンド業務とシステムや代行サービスを活用した効率化

効率化がバックエンド業務の鍵

EC店舗の運営はフロントエンド業務とバックエンド業務の2つにわけることができます。フロントエンド業務は売上を増やすことがミッションであること対し、バックエンド業務はいかに効率化をして、コストを抑えるかがミッションになります。

売上が増えれば増えるほど、バックエンド業務は増えていきます。それでいて、コストダウンや品質向上がバックエンド業務には求められるため、いかに効率化していくかが重要になってきます。そのため、ECシステムや代行サービスをうまく活用していく必要があります。

バックエンド業務を効率化するECシステムや代行サービスを紹介する前に、まずはECのバックエンド業務についてお話します。

ECのバックエンド業務

代表的なバックエンド業務には下記があげられます。

【商品登録】
ECサイトで商品を販売する際に、最初に商品情報の登録をします。「商品名」「JANコード」「販売価格」「販売日時」「商品説明」などを設定する必要があります。テキスト原稿だけでなく、商品画像も忘れずに用意しましょう。

【受注処理】
注文内容を確認し、お客様からのご要望に応えられるかどうか判断します。注文内容の情報に不備があった場合には、お客様に確認しましょう。ご要望にお応えできない場合は、お客様と相談することも必要です。

【在庫確認】
注文内容を確認したら、次は在庫の確認をします。ECシステムや基幹システムで管理している在庫数は注文が入った時の在庫数であるため、倉庫内の実在庫数に不足がないか見る必要があります。注文内容と在庫を確認し、問題なければお客様に受注承認の連絡をします。入金が確認できたら、その旨をお客様に伝えましょう。

【出荷指示】
ピッキングから梱包・配送業務を行うための、出荷指示書が必要になります。出荷データの作成・取り込みに始まり、送り状や納品書の作成などがあります。物流会社に委託する場合は、各社の指定するフォーマットや方法で、顧客情報や注文内容をもとに出荷指示を出します。

【梱包・配送業務】
出荷指示書をもとに、ピッキングと梱包を行い、ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの配送会社に荷物を渡します。発送が完了しましたら、その旨をお客様に伝えて下さい。商品到着後に、問題がなかったかを確認するために、フォローメールを送ると親切でしょう。

バックエンド業務を効率化するECシステム・代行サービス

一元管理システム

複数のECサイトの受注処理や在庫確認、発送業務などを一元管理できるようになります。また、一元管理システムを利用すれば、受発注業務の工数削減や自動化により、業務を効率化できます。それにより、ヒューマンエラーによるトラブルや、在庫切れなどによる機会損失の発生を防いでくれます。

効率化する業務:商品登録、受注処理、在庫確認、出荷指示
導入までにかかる時間:2~3ヶ月
サービス例:ネクストエンジン、CROSS MALL、アシスト店長、TEMPOSTAR

こんな課題を抱えている方におすすめ

  • 受注、在庫、商品登録の作業がモール毎に発生している
  • 複数モールの管理画面の情報をまとめて見たい
  • 注文が入った商品の在庫があるかスピーディーに確認したい
  • 入金確認の手間や漏れを防ぎたい

導入時のポイント

一元管理システムは多機能であるため、使いこなせるようになるためには、少し時間がかかるかもしれません。アカウント発行から運用開始までは平均して2~3ヶ月ぐらいかかると言われています。特に、各店舗のデータを取り込むのに時間がかかり、店舗数や商品点数が多い事業者は導入に時間を要する可能性があります。代表的な一元管理システムの機能をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

自動出荷システム

受注処理から出荷依頼まで自動化するシステムです。また在庫数に増減があれば、自動で更新してくれるため、注文が入った時の在庫数と倉庫にある実在庫数の調整をする必要がありません。効率化ではなく「自動化」というところがポイントです。他のECシステムや代行サービスと違って、導入までの期間は最短1日となっており、すぐに効果を実感することができます。

効率化する業務:(受注処理)、在庫確認、出荷指示
導入までにかかる時間:最短1日~
サービス例:シッピーノ、Crossma、LOGILESS

こんな課題を抱えている方におすすめ

  • 物流倉庫への出荷指示を自動化したい
  • ECサイトの在庫数と物流倉庫の在庫数を自動同期したい
  • 複数モール・ストアを開設して、販路拡大をしたい
  • 商品ごとに、送料の最適化をしたい

導入時のポイント

受注処理に関しては、他のシステムと連携が必要な場合があります。また、自動出荷システムだけを提供しているサービスもあれば、OMS(Order Management System:注文管理システム)やWMS(Warehouse Management System:倉庫管理システム)、物流倉庫などを提供しているシステムもあります。自動出荷システムを検討する際は、どこまで提供しているかを把握したうえで、選ぶようにしましょう。

自動出荷システムは、効率化ツールや代行サービスの中でも、比較的安価で簡単に導入できます。日々のバックエンド業務を少しでも楽にしたい方は、まずは自動出荷システムから導入してみるといいと思います。比較・検討にあたり、代表的な自動出荷システムの特徴や違いをわかりやすくまとめましたので、参考にしていただけますと幸いです。 資料は下記のフォームに必要事項をご記入いただき、メールにてダウンロードURLをお送りいたします。

▼ 自動出荷システムについて徹底解説BOOK

    ・氏名 ※必須

    ・会社名 ※必須

    ・メールアドレス ※必須

    ・電話番号 ※必須

    「サービス利用規約」「個人情報保護方針」に同意する。



    WMS

    WMSとは、倉庫管理システム(Warehouse Management System)の略称です。導入することで倉庫にある実在庫数と注文が入った時の在庫数を把握できるようになるため、ヒューマンエラーやケアレスミスによるトラブルを防ぐことができます。また、入荷実績や、在庫数や作業の進捗状況をリアルタイムでわかるため、入荷から出荷までの作業における生産性が向上します。

    効率化する業務:在庫確認、出荷指示、梱包・配送業務
    導入までにかかる時間:1ヵ月~1年
    サービス例:ロジザードZERO、ci.Himalayas、インターストック

    こんな課題を抱えている方におすすめ

    • ロケーションやロット管理など入出庫のスピードを上げたい
    • 誤出荷を防ぎ、出荷精度を向上させたい
    • リアルタイムに在庫数を把握したい
    • 倉庫管理作業において、少ない工程で作業時間を削減したい

    導入時のポイント

    クラウド型や、パッケージ型、オンプレミス型と3種類ありますが、特徴が異なるのはもちろん、料金や導入期間などが大きく変わってきます。クラウド型であれば1ヵ月ぐらいで導入可能ですが、カスタマイズが可能なパッケージ型やオンプレミス型だと、導入期間は半年から1年はかかってしまいます。またWMSを導入するにあたって、どんな商材を扱うのか、BtoB向けなのか BtoC向けなのかも選択の基準になります。WMSの詳細については下記をご覧ください。

    物流代行サービス

    物流代行サービスとは、在庫の倉庫保管やECサイトで販売した商品の発送などをアウトソーシングできるサービスです。受注管理システムや自動出荷システムとの違いは、システムで管理するのではなく、アウトソーシングという点です。

    効率化する業務:梱包・配送業務
    導入までにかかる時間:数日~半年
    サービス例:佐川ロジスティクス、日立物流、関通、OPENLOGI、LogiMoPro

    こんな課題を抱えている方におすすめ

    • 物流業務をまるっとアウトソーシングしたい
    • 物流以外の「商品開発」「マーケティング」などの業務に注力したい

    アウトソーシング時のポイント

    物流代行サービスは、すぐに別の代行会社に変えることはできないため、最初の会社選びが肝心です。物流代行サービスは、3PL事業者やモール系フルフィルメント、そしてクラウド物流の大きく3種類に分けられます。それぞれ得意なことや不得意なことが違いますし、価格も出荷件数によって変わってきます。BtoBかBtoCか、流通加工の内容、同梱物対応の有無など、どこまで委託するか明確にしましょう。

    見積りは各社独自のフォーマットで提供していることが多いため、安易に料金を比較しないように注意が必要です。物流委託にかかる代表的な費用は下記にまとめていますので、参考にしていただければと思います。

    まとめ

    今回は、受注処理、在庫確認、出荷処理、梱包・配送といったバックエンド業務の効率化ツール・代行サービスについて整理してみました。ツールや代行サービスを導入するにあたって、自社のバックエンド業務のフローを明確にする必要があります。フローの可視化により、より効率的なフローへと見直すきっかけになるといいでしょう。明確かつシンプルなフローが業務効率化の成功の秘訣です。

    様々な効率化ツールや代行サービスをご紹介させていただきましたが、中でも自動出荷システムは比較的安価で簡単に導入できるため、日々のバックエンド業務を少しでも楽にしたい方は検討してみるといいかもしれません。代表的な自動出荷システムの特徴や違いをわかりやすくまとめた資料を用意いたしました。資料は下記のフォームに必要事項をご記入いただき、メールにてダウンロードURLをお送りいたします。ぜひ活用いただければです。

    ▼ 自動出荷システムについて徹底解説BOOK

      ・氏名 ※必須

      ・会社名 ※必須

      ・メールアドレス ※必須

      ・電話番号 ※必須

      「サービス利用規約」「個人情報保護方針」に同意する。



      合わせて読みたい

      コマースピックLINE公式アカウント