【徹底比較】日本郵便「クリックポスト」・ヤマト運輸「ネコポス」・佐川急便「飛脚メール便」

お客様への到着が確認できる追跡可能なメール便

小さく安価な商品を配送する際に宅配便を利用してはコストが増えてしまい、売上を伸ばすことが難しくなってしまいます。メール便を利用すれば安価に商品を配送することが可能です。追跡機能がない場合、配送料金を抑えられるものの、お客様としては商品の発送タイミングや配送状況がわからず不安な思いになってしまうことでしょう。

本記事では追跡機能のある主要三社のメール便について比較しています。これからネット通販事業に取り組む方、今の配送方法が最適か検討している方のためになれば幸いです。

主要3社の条件比較

日本郵便「クリックポスト」

クリックポストは個人法人に限らず、会員登録を行うことで利用できる配送方法です。配送料は全国一律で、支払いはYahoo!ウォレットまたはAmazon Payから行います。

配送の際は、配送先の必要事項を専用画面に入力し、プリントアウトして商品に貼り付ける作業で完了します。

ヤマト運輸「ネコポス」

個人利用の場合、特定のフリマアプリやオークションサイトのみで利用可能です。また、そのようなサイトを利用する場合、通常のプランと比べ、配送料金や配送できる商品の高さが異なります。法人の場合だと、価格の交渉が可能です。その場合、自社と取引がある営業所へ問い合わせを行い、価格交渉を行う必要があります。

破損・紛失の際に3,000円までの補償が出ることは他のサービスにはない魅力と言えるでしょう。また、宅急便のネットワークを利用した配送をしているため、全国翌日に配達が可能な点も魅力的だと思います。

佐川急便「飛脚メール便」

飛脚メール便は重さによって配送料金が変わります。300g以内であれば168円で、今回比較したサービス内では最安値となっています。なお、他の重さの場合、600g以内で220円、1kg以内で325円となっています。

高さは2cmまでとなっていますが、三辺の合計が70cm以内までであれば配送できるため、他社のサービスで収まらない商品で利用できるかもしれません。

どのサービスを利用するのが良いか

商品の補償、配送スピードと言う観点では「ネコポス」が理想と言えるでしょう。価格については各営業所との交渉が必要になるため、事業者様によってオススメの度合いが異なります。

商品の重量を気にしたり、営業所との交渉を行ったりと、手間かけずに配送したい事業者は「クリックポスト」が良いかと思います。配送する商品が軽い場合や他のメール便では配送できないサイズの場合は「飛脚メール便」がオススメです。

三者三様魅力がありますので、自社の商品やサービスと比べてどの会社のサービスを利用するかご検討ください。

さいごに:迅速かつ安心なお客様対応を

最近では少なくなりましたが、メール便の場合、無事注文した商品が届くか不安に思うお客様が一定数います。発送までの期間を短縮したとしても、配送の期間が長くかかってしまう場合は事業者側でコントロールはできません。配送料金が安い配送方法を利用するにあたって、お客様へ対応状況を都度共有する必要があるでしょう。

対面ではないからこそ、生まれてしまう不安を解消するために、削減できるコストと行うべき顧客コミュニケーションのバランスを考えながら、日々の店舗運営をしていけるのが良いと思います。

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント