au PAY マーケットのプラチナマッチ広告とは? 設定から運用・改善方法まで解説

プラチナマッチ広告の概要

au PAY マーケットでは出店者向けに様々な広告メニューを提供しています。その中でも「プラチナマッチ広告」は最初に試してみたい広告の一つです。

「プラチナマッチ広告」はCPC課金(Cost Per Click:1クリックごとに課金される形態)による従量課金型の広告であるため、コストを抑えながらスピード感を持ってPDCAを行える特徴があります。

プラチナマッチ広告の種類

「プラチナマッチ広告」は大きく、検索広告とレコメンド広告、そしてクーポン広告(クーポン発行が条件)の3種類に分類されます。それぞれ入札方式やクリック単価、掲載場所などが異なりますので、覚えておくといいでしょう。

検索広告

検索連動型の広告で、検索画面の上部に表示されます。検索広告かどうかは、店名の冒頭に[PR]と表記されているかどうかで判断が可能です。入札はオークション形式で、1クリックあたり50円以上(一部のカテゴリは25円以上)となっています。ただし、キーワードごとのクリック単価は公開されていないため、表示させたいキーワードがある場合は価格の調整が必要です。

レコメンド広告

「お店からの一押しアイテム[PR]」といったように、おすすめ商品としてau PAY マーケット側が訴求してくれます。クリック単価は20円と固定です。掲載ページは、サイトトップやカテゴリトップ、ランキングページをはじめ、買い物かごページや閲覧履歴ページ、購入履歴ページとなっています。

クーポン広告

サイトトップページにある「クーポン利用でお得な商品[PR]」の枠に表示されます。上の2つの広告と違って、アプリでは表示されないので注意して下さい。クリック単価はレコメンド広告と同様に固定で40円です。プラチナマッチ広告を利用する際、クーポンの配信設定を有効にすると、クーポン広告が自動で掲載開始されます。

プラチナマッチ広告の出稿方法

プラチナマッチ広告は、管理画面「Wow!manager」の「広告・販促>プラチナマッチ広告(入札設定)」から出稿することができます。

入札する商品を決める前に、まずはプラチナマッチ広告の全体予算を入力しましょう。当月予算に加えて、任意で日別上限予算を設定することもできます。

翌月予算の部分に、当月予算を継続するかどうかのチェックボックスがあります。チェックを入れた状態では予算金額が翌月以降も継続されます。もし、1ヶ月のみのお試しや、月ごとに予算を見直したい場合はチェックを外しておきましょう。

予算の設定が完了したら、いよいよ商品の選定と入札を行います。このとき、各商品の入札金額と同時にクーポンの配信有無を決める必要があります。入札の停止もこちらの画面で行うことができます。

始めは最低入札価格で設定してみることをオススメします。表示順を確認し上位に表示されたなら、そのままで良いでしょう。もし下位に表示されたなら入札価格を1円ずつ上げて、上位に表示される価格を検証していくといいでしょう。どの価格で上位表示となるかは、商品やカテゴリによって異なりますので、1商品ずつ試していくといいと思います。

プラチナマッチ広告の効果測定と改善方法

プラチナマッチ広告は、入札した商品ごとに広告の表示回数や、クリック回数、CTR、CPC、広告経由流入額、ROAS、広告費といったデータを日別で確認することができます。データをCSVにてダウンロードも可能です。広告を出稿したら、上記のレポートデータをもとにPDCAを回していきましょう。代表的な改善案を4つ紹介します。

◎ CVRが高い商品は表示回数を増やそう
CVR(Conversion Rate:転換率)が高いにも関わらず、表示回数が少ない場合があります。特に単価が高い型番商品(有名ブランドの仕入れ商品など)は、その傾向が見られますので、CPA(Cost Per Action:顧客獲得単価)とのバランスを見ながら、入札単価を上げることで表示回数を増やすなどして、調整してみるといいでしょう。

CVRが低いキーワードは除外設定をしよう
CTR(Click Through Rate:クリック率)は高いにも関わらず、CVRが低いキーワードは、除外設定を行うことで、無駄な予算の消化を防ぐことができ、効率的に広告の運用が可能になります。

◎ CTRが低い商品はサムネイル画像を見直そう
CTRが低い場合、商品のサムネイル画像を見直すのも手です。また、タイムセールと合わせて利用することで、「SALE」というアイコンが表示されるため、CTRの改善に繋がります。

◎ CVRが低い商品は入札停止をするのも手
CVRがどうしもて低くなってしまう商品は、入札の停止を行うのも選択肢の一つです。また、商品と相性が良いはずのキーワードのCVRが低い場合は商品ページの見直しを検討しても良いかと思います。

◎ イベント時などアクセスが多い時間帯に出稿
広告を使うときはコストを最小に抑えながら売上を最大にするかが大事になってきます。そのため、大型セール中に期間を絞って広告を出稿するのは効果的です。また、アクセスが上がりやすい傾向にある夕方に時間を絞って入札していくことも検証してみる価値はありそうです。

プラチナマッチ広告は、検索経由での目的買い向けに購入を促進したい場合に有効な広告です。低予算、低リスクで始められるものなのでアクセスを高めるためにぜひ活用してみて下さい。

最後に:au PAY マーケット Salonを活用しよう

au PAY マーケットは、出店店舗様限定のオンラインコミュニティーサービス「au PAY マーケット Salon」を運営されています。運営の基礎知識や、売上向上に繋がるノウハウを提供しており、プラチナマッチ広告の活用セミナーなども定期的に開催されているとのことです。既に出店されている方は、ぜひ活用してみるといいでしょう。

また販路拡大のために、au PAY マーケットに出店されるかどうかで悩んでいる方もいらっしゃると思います。「au PAY マーケット Salon」は、初期設定を中心とした基礎コースから用意しているため、安心して始められると思います。

▼au PAY マーケット出店ページ
https://wowma.shop/

▼au PAY マーケット salon
https://wowma.shop/salon-info/
※au PAY マーケット出店者限定の売上アップノウハウを公開しているサロンです。

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント