【2022年最新版】ECサイト事業者が用意すべき主要決済方法と選び方を解説!

ECサイトでの決済方法の多様化に伴い、EC事業者側も顧客のニーズに応えるために、さまざまな決済方法を導入する必要があります。しかし、自社ECサイトにどの決済方法を導入すればよいかわからないといった方もいるのではないでしょうか。

当記事では、ECサイトが決済方法を充実させる必要がある理由、現在の主要決済方法と利用動向、決済方法の選び方とそのポイントについて解説しています。

ECサイトの決済方法を充実させてビジネスを加速したい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

なぜ、ECサイトは決済方法を充実させる必要があるのか?

一般的にECサイトには複数の決済方法が用意されていますが、なぜこんなにも多くの決済方法が必要なのか気になったことはありませんか?その理由は、好みの決済方法が見つからないと購入をやめてしまう顧客が多いためです。

購入意思があるにも関わらずカート処理の段階で離脱してしまうことを、EC業界では「カゴ落ち」と呼びます。カートに進んだ顧客が全て購入を行うわけではなく、カゴ落ちによる離脱は半数を上回るといわれており、決済方法の未整備はその大きな原因のひとつとなっています。

他のECサイトに流れてしまった顧客は簡単には戻ってこないため、販売機会損失・失客を回避するためにも、CVR向上・売上向上のためにも、ECサイト事業者が充実した決済方法を提供することは必須といえるでしょう。

2022年現在のECサイトの主要な決済方法一覧

ここでは、2022年現在、ECサイトで活用されている主要な決済方法の概要・特徴についてご紹介します。ECサイトへ導入する決済方法を検討する方は、まずはどのような決済方法が用いられているのかを把握しておきましょう。

・クレジットカード

オンライン・オフラインともに主要な決済手段として用いられているクレジットカードは、ECサイトでの利用率も半数を大きく超えており、EC事業者が必ず導入すべき決済手段です。

購入した商品代金を顧客の信用をもとに後払いで支払う仕組みとなっており、ECサイトにおいてはクレジットカード番号を購入画面で入力することで決済を行います。

クレジットカード導入にあたっては、加盟店手数料・決済手数料をカード会社に支払う必要があります。日本では、この手数料を消費者へ負担させることは禁止されているため、必ずEC事業者側が支払いをおこないます。

・コンビニ決済

コンビニ決済とは、全国各地に存在するコンビニエンスストアで商品・サービスの購入代金を支払うことができるサービスです。店舗が発行した払込票(書面)または払込番号(Webで表示)をコンビニのレジへ提示することで代金の支払いを行う仕組みとなっています。

コンビニ決済は誰でも利用できるため、クレジットカードを持たない方やECサイトでクレジットカードを使いたくない方から人気があります。ECサイトではクレジットカードに次いでニーズが高いため、ぜひ導入しておきたい決済方法です。

・銀行(郵便)振込

銀行(郵便)振込は、商品を購入した顧客が銀行・郵便局またはネットバンキングから商品代金の振込を行い、入金確認後に商品の発送が行われる決済方法です。古くから用いられている決済方法であり、店舗からの振込とオンラインでの振込を合算すると高いニーズがあります。

特にコンビニが普及していない地域では銀行(郵便)振込が欠かせない決済手段となるため、EC事業者は必ず用意すべき決済方法となります。

・代金引換

代金引換とは、商品を届けてきた配送業者に代金を現金で支払う決済方法です。自宅で現金払いができるというシンプルさや、代金と引き換えに商品を受け取ることができるのが特徴で、ECサイトが登場した時期から一定のニーズを持っています。

便利な反面、配達員が決済を行う手間がかかることから、購入者側にもEC事業者側にも代引き手数料が発生します。

近年では、現金だけでなくクレジットカードや電子マネーで代金引換が可能な配送業者も登場しています。

・キャリア決済

キャリア決済とは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアにおいて、商品購入代金を毎月の携帯(スマホ)電話利用料金と合算で支払うことができる決済サービスです。キャリアで暗証番号を入力して本人認証を行うのみで決済が完了するという手軽さや、コンビニ決済のように場所に依らない決済を行えることが特徴です。

クレジットカードを持てない未成年者のスマホ所持率が高いことから、特に10代向けの商品・サービスを扱うサイトでのニーズが高い傾向にあります。

近年では大手キャリア決済をまとめて導入できる決済代行業者も登場しており、導入へのハードルも低くなっているため、顧客層によってはぜひ導入しておきたい決済方法となります。

・電子マネー決済

電子マネー決済とは、現金の代わりにデジタルデータを用いて決済を行うサービスです。代表的な電子マネー決済には、Suica・nanaco・楽天Edyなどがあります。

カードやスマホを決済端末にかざすことで簡単に支払いを済ませることができるため、オフライン店舗での導入が進んでいます。

電子マネー決済はオンラインでの利用も可能となっており、スマホアプリまたは専用のカードリーダーをPCに接続して決済を行う事が可能です。

電子マネーの普及率は年々高まっていることから、ECサイトの決済手段としても用意しておくことで、顧客の利便性や購入率を高めることができます。

・後払い決済

後払い決済とは、ECサイトで購入した商品の代金を、銀行・郵便局・コンビニなどで後払いで支払うことができるサービスです。

商品確認後に代金を支払えること、自身で支払いのタイミングをコントロールできることから、若年層を中心に年々ニーズが高まっています。

EC事業者が後払い決済を導入するには、自社で管理を行う方法と決済サービス会社を利用する方法がありますが、管理の手間や未回収リスクが伴うことから後者を選択するのが一般的です。

ECサイトでよく利用されている決済方法

ECサイトの決済方法を選ぶにあたって、まずは各決済方法の利用動向を把握しましょう。以下は、総務省が平成30年に実施した調査の報告書に記載されている、オンライン決済方法の利用比率を示した表です。

インターネットで購入・取引を行う場合の決済方法(複数回答)

  • クレジットカード:70.8%
  • コンビニ決済:40.8%
  • 代金引換:31.0%
  • 銀行(郵便)振込:26.1%
  • ネット(モバイル)バンキング:15.8%
  • キャリア決済:15.4%
  • 電子マネー決済:9.1%
  • その他・無回答:7.0%

(出典:総務省「平成30年通信利用動向調査報告書」)

クレジットカードを選択する利用者が7割以上と最も多く、続いてコンビニ決済・代金引換・銀行(郵便)振込の利用者が横並びで分布しています。

後払い決済のデータは、コンビニ決済・その他に含まれます。

キャリア決済・電子マネー決済は登場してからの期間が浅くまだ利用者は少ない傾向にありますが、順調にニーズを伸ばしてきており、今後はECサイトに欠かせない決済方法となる可能性を秘めています。

ECサイトに導入する決済方法の選び方

続いて、ECサイトに導入する決済方法の具体的な選び方についてご紹介していきます。

定番の4決済は必ず導入!

まず前提として、いかなる場合においても、クレジットカード・コンビニ決済・代金引換・銀行(郵便)振込の主要4決済は導入必須となります。上述のデータからも分かる通り、これらの決済方法はいずれも利用者が多く、導入されていないとカート落ちや離脱を招くためです。

決済方法の選択肢が少ないばかりに機会損失を招くのは得策ではないため、定番の4決済に関しては必ず導入するようにしましょう。特に、クレジットカード決済はニーズが非常に高いため、立ち上げ直後のECサイトにおいても優先的に導入することをおすすめします。

必要に応じてキャリア決済・電子マネー決済・後払い決済も検討しよう

近年ではキャリア決済・電子マネー決済の利用率・普及率も高まってきており、ECサイトで利用されるケースも増えてきています。上述のデータでの利用率はさほど高くありませんが、取り扱う商材・客層によっては高いニーズがあるため、必要に応じて検討してみることをおすすめします。

特に、アパレル・コスメ・雑貨など若年層が多いジャンルにおいては、キャリア決済・電子マネー・後払い決済を充実させることで売上が大幅に向上した事例もあるため、検討する価値は十分にあります。

決済方法を選ぶ際のポイント

決済方法を選ぶ際には、いくつか留意しておくべきポイントもあります。自社の目的・用途に適した決済方法を選び、導入・運用をスムーズに行うためにも、ぜひ確認しておいて下さい。

自社ECサイトに導入可能であるか確認

各種決済方法は、利用しているECシステムによって導入の可否が異なります。そのため、決済方法の導入を検討する際には、まずは自社ECサイトに導入可能な決済方法を確認することから始める必要があります。

利用したい決済方法によってはカスタマイズが必要となる場合もあるため、必ず確認を行っておきましょう。

信頼性の高い決済会社を選ぶ

ECサイトの決済方法を導入するにあたっては、顧客の支払い・自社への入金など金銭の扱いを委任するわけですから、信頼性の高い決済会社・決済代行会社を選ぶことが非常に重要なポイントです。決済トラブルは自社ECサイトのスムーズな運営を阻害したり、信用失墜に繋がったりする恐れがあるためです。

不要なトラブルをなくして安定したサービスを利用するためにも、会社の実績・サービス提供期間・クライアントからの評判・セキュリティ対策・サポート体制など多角的にチェックを行い、安心して利用できる決済会社・決済代行会社を選びましょう。

導入・運用コストを検討する

ECサイトで利用する決済方法は、それぞれ導入コスト・運用コストが必要となります。まとめて複数の決済方法の導入を行う場合は、まとまった金額が必要となりますし、運用コストに関しては月額利用料に加えて決済手数料の料率も考慮する必要があります。

特に、運用コストに関してはECサイトの利益率に影響を与えるため、商品単価・客単価が低い場合には慎重な試算を行っておかないと、利益が残らない場合もあるため注意が必要です。

決済方法を選ぶ際には、導入・運用にコストが必要となる点に留意して、必要となるトータルコストを慎重に検討するようにしましょう

サポートの充実度も重要

ECサイトで各種決済を行っていると、決済トラブルが発生する場合もあります。そのため、万が一のトラブルの際に速やかに解決するためにも、各種決済を提供する会社のサポート力をチェックしておくことが重要です。

ECサイトの顧客は決済トラブルについて敏感な傾向があるため、サポートの品質・方法・対応時間・対応スピードなど細かくチェックを行い、トラブルを的確かつ速やかに解決できる決済代行会社を選びましょう。

まとめ

2022現在ではECサイトの主要決済方法は6種類となっており、クレジットカード・コンビニ決済・代金引換・銀行(郵便)振込に加え、近年ではキャリア決済・電子マネー決済のニーズも高まりつつあります。

ECサイトを運営する事業者の方は、この機会にぜひ当記事も参考にして、自社ECサイトに導入する決済方法を検討してみて下さい。

オンライン決済プラットフォーム「KOMOJU」とは?

KOMOJU」はECサイトの決済方法をまとめて導入できる、世界的企業にも多数導入されている革新的なオンライン決済プラットフォームです。WooCommerceやShopifyなどの主要ECプラットフォームとも連携しており、簡単に導入することができます。

  • 主要決済方法をまとめて導入可能
  • 主要ECプラットフォームに対応
  • 管理の手間や時間も削減可能
  • 決済手数料のみで利用可能

ECサイトの決済方法をまとめて用意・管理したい方には最適なサービスとなっていますので、ぜひご検討下さい。

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント

コマースピックメルマガ