ECサイトの決済方法とは?ターゲットに合わせた選び方を解説

昨今のキャッシュレス決済拡大の流れを受け、オンラインショップでの決済方法も従来のクレジットカード決済やコンビニ決済に加え、アプリ決済やID決済などが増え、決済手段が多様化しています。

企業のECサイトを見てみると各社お客様のニーズに合わせて決済方法を準備されていますが、どのような基準で決済を選んでいるのでしょうか。またどの決済を導入すれば効率的にコンバージョン率を上げられるのでしょうか。

今回はそれらを探るために、それぞれの決済の特徴と決済ごとのコアユーザー層を見ていきます。

ECサイトで利用されている決済方法

クレジットカード
サイト上にカード情報を入力し、翌月に銀行口座から引き落とされます。利用率が最も高く、オンラインショップには欠かせない決済方法です。

◎ デビットカード
クレジットカードと同じくカード番号を入力して銀行口座から引き落とされますが、即時で引き落としがかかるため、利用額が把握しやすい決済方法です。国際ブランド付きのデビットカードはネットショッピングでの利用も可能です。

電子マネー
SuicaやPASMOなどの交通系ICカード、または楽天Edyやnanacoなどの商業系ICカードなどがあります。事前にカードまたはアプリ内に残高をチャージして利用するため、使いすぎのリスクが少なく、クレジットカードを所有していない若年層の利用率が高い決済方法です。

キャリア決済
IDと暗証番号のみで購入手続きが完了し、携帯電話の利用料金と合わせて代金が引き落とされます。若年層やクレジットカードを所有していない方、またはクレジットカード番号の入力に抵抗がある方を中心に利用数が伸びています。

ID決済
楽天やAmazonなどのIDを使って決済する方法です。クレジットカード番号を入力する手間がかからないのでユーザーの離脱率が抑えられるのが特徴です。近年利用数が急増しているLINEPayやPayPayのオンライン決済もID決済に含まれます。

コンビニ決済
クレジットカードの次に良く使われる決済方法で、コンビニ端末を使って支払う前払い(ペーパーレス)タイプと払込用紙をコンビニに持ち込み支払う後払い(請求書)タイプの2種類があります。クレジットカード番号を入力する必要がないため、個人情報の入力に抵抗がある方に人気です。

◎ 後払い決済
代行会社から請求書が届き、コンビニ・郵便局・アプリで支払いができる決済方法です。上のコンビニ決済とは異なり代行会社によって債権が保証されるため、事業者は未払いリスクを負わずに後払い決済の利用が可能です。

郵便振替
払込用紙を使って郵便局やATMにて支払う決済方法です。コンビニと郵便局どちらでも払えるコンビニ決済とのハイブリッドタイプもあります。

銀行振込
ATMでの振込やネットバンクでの支払いがあり、幅広い層に利用される決済方法です。

代引き
配送会社の方に現金やクレジットカードで支払う方法です。商品到着時に在宅する必要があるため、主婦層や高齢者層の利用率が高い決済方法です。

データから見る性別・年齢別の支払い方法

次に、各決済方法がどのような人に利用されているかのデータを参考にします。

※ 性別・年齢別の支払い方法の割合(複数回答可)
参考資料:第28回全国通信販売利用実態調査報告書

性別・年齢別の支払い方法から次のことがわかります。

  • コンビニ・郵便振替は女性が男性の2倍近く利用している。
  • 全体ではクレジットカードの利用率が最も高いものの、10代や70代など年齢層によってはコンビニ決済の利用率の方が高い。
  • 50代までは電子マネーなどのオンライン決済の割合が高いが、50代以上はコンビニ決済、代引き、郵便振替などオフライン決済の割合が高くなる。

ターゲット層に合わせた決済方法の選び方

利用される決済は年齢や性別によって大きく異なるため、決済手段を選ぶ時は、ターゲットユーザーの利便性を意識することが重要です。

エイジングケアを目的とした基礎化粧品の決済を見てみると、クレジットカード+コンビニ決済(後払い決済)のみを用意している場合が多いです。これはターゲット層である40代以上の女性のコンビニ決済の利用率が非常に高く、コンビニ決済があることで初回購入のハードルが下がるため、購入に繋がる確率が高まるという理由があります。

10代~20代の若者向けの商品の場合、ユーザー層のクレジットカード保有率が低いため、クレジットカードの他に前払いタイプのコンビニ決済やキャリア決済などスマホ等で気軽に支払える決済方法を取り入れていくと利便性を感じてもらいやすいでしょう。

このように、ターゲット層の好む決済手段を考慮することで、事業者は決済導入に伴う手間を抑えつつ効率的にユーザーにリーチすることができます。(総合通販などターゲットユーザーが多岐にわたる場合は複数の決済を導入するのが有効と考えられますが、単品通販の場合は1~3種類で十分なケースが多いです。)

決済は購入意思を決定する最終関門となり、ユーザーは希望の決済方法がなければそのサイトでの購入を諦めてしまう可能性が高いです。ターゲット層に合わせた決済を用意することでコンバージョン率を最大化させましょう。

電算システムの決済ラインナップ

・DSK後払い(債権保証型後払い)
・コンビニ収納代行サービス(請求書タイプのコンビニ決済)
・クレジットカード決済サービス
・ペーパーレス決済サービス(請求書レスのコンビニ決済)
・口座振替サービス
・送金サービス

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント