物流スタートアップの株式会社souco(本社:東京都千代田区、代表取締役:中原 久根人、以下souco社)は、冷凍冷蔵温度帯での全国一律料金の従量制保管サービスの提供を8月13日(金)に開始しました。
souco社は、物流施設や倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約したB to Bのマッチングプラットフォームsoucoを展開しています。2019年6月の正式サービス開始後、登録アカウント数は順調に増加し、2021年6月時点での倉庫提供アカウントと倉庫利用(荷主)アカウントの合計数*は2,000社超となります。

soucoは、2021年7月に荷姿がパレット・カゴ台車・段ボールの荷物について全国一律料金での従量制保管サービスの提供を開始しました。

この度、この従量制保管サービスに冷蔵冷凍温度帯での保管プランが加わることとなり、食品をはじめとする温度管理を必要とする荷物の保管に対応することが可能となります。
料金は、保管料が1日1パレットあたり150円、入出庫料が各1パレットあたり500円。受入れ可能な荷姿はパレットに限ります。

ご利用にあたっては、soucoに利用相談をするとsoucoに登録されている倉庫の中から条件にあった最適な保管先倉庫が提示されます。ご利用決定後はsoucoが提供する入出庫管理システムを利用して、倉庫への入出庫指示、作業実績管理、在庫状況などの情報の一元管理ができ、荷主と倉庫提供者の双方がオンライン上で作業ステータスを確認することが可能です。

souco社は今後も、企業の多様な「荷物を預けたいニーズ」に寄り添い、新しい荷物保管の形を提案して参ります。

* 倉庫提供企業のアカウント数と荷主企業のアカウント数の単純合計数となります

サービスサイト画面
サービスサイト画面

料金表(抜粋)
料金表(抜粋)

■soucoについて
souco社は、物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約しマッチングサービスを展開するスタートアップ企業です。
物流施設を利用する3PL企業や物流事業者にとって、閑散期における余剰スペースの転貸先確保や、繁忙期に短期で賃借できるスペースの確保が課題の一つとなっております。しかしながら、効率性の高い先進的物流施設は、千坪・年単位で賃貸借されることが多く、余剰スペースの転貸や短期の賃貸借については、メーカーや3PL企業同士の情報交換に頼らざるを得ないケースが多く、業界の共通課題となっているのが現状です。
souco社は、物流施設の空きスペースの情報と荷主の荷物情報のデータベースを保有し、千坪以下の小ロットかつ、1ヶ月といった短期でも利用可能なインターネット上のプラットフォームsoucoを提供することで、スペースを抱える企業とスペースを必要とする企業の課題解決を目指しています。

■当社会社概要
□会社名    株式会社souco
□所在地    東京都千代田区麹町1−4−4
□代表者    代表取締役  中原久根人
□設立        2016年7月
□資本金    469,717千円 資本準備金含む
□URL        https://souco.space

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000027114.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント