ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾 裕)は、6月1日(火)より「EAZY」において、「置き配」時の個人情報漏洩リスク低減に向け、EC事業者が発行するお届け先情報の二次元コード伝票に対応した配達を開始します。
開始時は、株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長兼CEO:澤田 宏太郎)が運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で購入された、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県エリアへ配達する商品を対象※とし、8月2日(月)より対象を全国へ拡大します。
※コンビニ受取、ロッカー受取、代引き(コレクト)による受取、ネコポスでの発送、「ZOZOTOWN」ゲスト会員による注文、購入者とお届け先が異なる注文など、一部対象外となる場合があります。

1. 背景および目的
“全産業のEC化”で、あらゆる商品・サービスをECで手に入れることが可能となる中、ステイホームやテレワークなどの新しい生活様式の定着を背景に、EC市場は引き続き拡大傾向にあります。
昨年6月24日にスタートした「EAZY」は、対面に加えて「玄関ドア前」や「宅配ボックス」など、EC利用者の多様なニーズに徹底的に応え、配達の直前まで何度でも受け取り方法を変更できる機能や、「置き配」時に配達完了通知と撮像データをリアルタイムにメール配信するなどの利便性と安全性で、多くの利用者から好評いただいています。
一方で、非対面の配達が浸透する中、お届け先の個人情報が記載されたままでの「置き配」は「個人情報の漏洩リスクが不安」といったお客さまの声を受け、EC事業者と一緒にリスク低減の取り組みを検討してきました。お客さまがより安心して荷物を受け取れるよう、今回、EC事業者が発行する二次元コード伝票に対応した配達を開始します。

2. 概要
EC 事業者が、お届け先の個人情報を二次元コード化して配送伝票を発行し、荷物に貼付して発送します。発送された荷物は、リアルタイムで更新される利用者からの受け取り要望の情報をEAZY CREW※などに連携し、利用者が希望する受け取り方法で配達されます。
二次元コードの使用で、配送伝票上の個人情報が判別できないため、個人情報漏洩のリスクを低減でき、利用者は安心して「置き配」などを指定できます。
さらに、梱包資材を廃棄する際も、個人情報の印字が無いため、伝票を自身で剥がす手間を解消できます。

※EAZY CREW(イージークルー)
主に「EAZY」の荷物を配送いただく、ECエコシステムを構築する配送パートナー

[サービスイメージ]

[二次元コード化された伝票イメージ(配達票あり)]

[「置き配」時の二次元コード化された伝票イメージ]

※荷物に貼付されている配送伝票は、お客さまへの配達時に、EAZY CREWなどによって右側の配達票部分が剥がされた状態となるので、「置き配」された荷物から、第三者が目視で個人情報を判別することが出来なくなります。

3.サービス開始日(ZOZOTOWNさま)

開始予定日対象エリア
6月1日(火)東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
8月2日(月)全国エリア
※開始予定日は変更になる場合があります。

4.今後の展開
お客さまがより便利に、安心してECをご利用いただくために、出荷情報の二次元コード化など、出荷から配送までの一連の工程を、最先端のバーコードスキャンや物体認識技術、拡張現実(AR)などのコンピュータービジョンを活用した新たな付加価値の提供を進めます。今後も、多様化するお客さまのニーズに対応するため、成長が見込まれるEC を物流からしっかりと支えることで、「EC エコシステム」を構築していきます。

【「EAZY」に関するお問い合わせ】
ヤマト運輸株式会社 TEL:0120-889-789(対応時間:9:00~19:00)

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ】
<一般の方>
ヤマト運輸株式会社 コールセンター TEL:03-3541-3411

<報道関係の方>
ヤマト運輸株式会社 コーポレートコミュニケーション部 TEL:03-3248-5822 

リリース本文はこちらからも印刷できます

リリース元
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2021/newsrelease_20210531_1.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント