ヤマトHD 決算好調!ヤフーショッピングと歩むEC事業者向け新配送サービス「EAZY」とは
ニュースの概要

2021年1月29日、ヤマトHDの2021年3月期 第2四半期決算発表がありました。連結営業収益8,060億円(前期差 +265億円 伸率 + 3.4%)、連結営業利益269億円(前期差 +210億円 伸率 +362.1%)となり、増収増益の好調を示す結果となっています。

新配送サービス「EAZY」と事業最適化

コロナ禍によって高まるEC需要に対しての取り組みとして、ヤマトHDは営業収益面の改善として下記の2点を推し進めておりました。

  • EC事業者向け新配送サービス「EAZY」の拡販に取り組むとともに、EC配送ネットワークの構築・拡充に注力。
  • お客様が直面する新たな課題に対し、 EC事業者の受注から出荷・配送までの物流加工や倉庫への納品などの物流最適化など、グループの総力を結集したソリューション提案に傾注したことなどにより、拡大する需要を着実に取り込んだ。

特に直近よく動きを聞く新配送サービス「EAZY」は、ECの商品を従来の対面で荷物をお届けする配達方法に限らず、置き配や宅配BOXなど購入者の希望の受け取り方でお届けするヤマト運輸のサービスです。配送事業者はヤマト運輸のみならず、EAZY CREWという形で募集を掛けておりサードパーティへの委託を積極的に進めています。また、ヤマトHDはZホールディングスと業務連携を行っており、EAZYの導入によりヤフーショッピングに出店している店舗全体で昨年11月より利用できるようになっています。導入は申込みが必要ですが、置き配ニーズが高まる現状で申し込まない手はないでしょう。

■EAZY
商品購入者向けページ
https://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/EAZY/

EAZY CREW募集ページ
https://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/EAZYCREW/abouteazycrew.html

ストア向けEAZY申し込みページ
https://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/campaign/yahoo/EAZY/

■導入実績(一部抜粋。日付は導入日)
2021年1月27日ニッセン
https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/66182

2020年10月1日ASKUL
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2020/20200930.html

2020年6月24日ZOZOTOWN
https://www.ryutsuu.biz/ec/m061650.html

※21年3月期第2四半期決算説明資料 22ページより抜粋

未来に向けて掲げる経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」とは

ヤマトHDでは「YAMATO NEXT100」という経営構造改革プランを掲げています。社会的なニーズに応えるべく、新たな物流のエコシステムを創出し、持続的な社会貢献と収益性の改善を加速するべく掲げているプランであり、その内容を「事業構造改革」と「基盤構造改革」の2軸に分けて掲げています。

※21年3月期第2四半期決算説明資料 5ページより抜粋

最後に

新型コロナウイルスの影響を受け、EAZYの導入によりEC配送における新しい受取・配送文化が急激に広がっています。また、今期の決算では前期比で362%の営業利益増を見せており、データ分析に基づく経営資源の最適配置が結果として現れていると言えるでしょう。

首都圏では緊急事態宣言の延長が囁かれる中、益々加速していくEC市場に合わせて国内配送の片翼を担うヤマトHDの今後の動きからは目が話せません。

コマースピックLINE公式アカウント