NEXTユニコーン企業に選出、小売業特化型のDXソリューションプロバイダー「株式会社イングリウッド」

商品を売る最強の集団と言われる所以

「OMOにより商品とユーザーの関係をデジタルで滑らかにする」をビジョンに掲げるイングリウッド。2005年にアメリカからの輸入品を自社ECサイトで販売することからスタートして16期連続増収を達成し、2020年8月期の売上高は150億円を超えました。社員数約150人で、一人当たり売上高が約1億円という効率的な組織になっています。

イングリウッドは創業以来、商品の販売に関わる工程を磨き上げながら事業を成長させてきました。自社事業として強みのあるECだけでなく、オフラインでの卸売や店頭販売まで様々なチャネルを手がけ、物理的に商流の川上から川下まで関わりつつ、マーケティングの観点では、ウェブ広告やメール配信、SNS広告といったデジタル領域はもちろん、TVCMに代表されるオフラインのマス広告まで幅広く取り扱っています。

蓄積してきた商品販売のノウハウとデータ、テクノロジーを掛け合わせて、イングリウッドは小売業界のDXを推進しています。提供するソリューションは多岐に亘り、EC事業やD2C事業の新規立上げ、事業グロースや利益最大化だけでなく、業務のDXに必要な人材の採用と育成、新規事業の内製化に向けた仕組み作りまで、お客様をトータルに支援しています。近年ではデータサイエンティストを社内に抱え、AI技術を搭載したCRMシステムなどの独自開発を進め、提供サービスに更なる磨きをかけています。

※日本経済新聞社での2020年「NEXTユニコーン調査」に選出
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66778130Y0A121C2MM8000/

川上から川下まで、商品販売における全工程を支援

オンラインで商品を販売するにあたっては、「商品企画・開発」「広告・PR」「販売」「物流」「カスタマーサクセス」といった様々な工程があります。EC/D2C事業で売上を伸ばしながら利益率を向上させるためには、各工程を横断的に捉えたうえで、全体最適となる施策を考え、実行していく必要があります。実店舗での販売に長けていても、オンラインでの販売に知見がなければ誰しもがいつ何をすれば良いのか迷うもの。イングリウッドは、そんなお客様を全面的に支援しています。

【商品企画・開発】
商品設計、デザイン、仕入れ、製造

【広告・PR】
リスティング、ディスプレイ、ネイティブ、動画、SNS、アフィリエイト

【販売】
モール、独自ドメイン、実店舗、海外

【物流】
保管、梱包、配送

【カスタマーサクセス】
同封広告、問い合わせ対応、クロスセル、アップセル

イングリウッド社の3つの強み

1.データテクノロジー&マーケティング
商品販売における深い知見とデータ、テクノロジーを掛け合わせ、「商品販売の入口から出口まで」を一気通貫で支援しています。

2.AI戦略&開発
業界の不便をなくし、お客様が抱える課題を解決するため、AI技術を活用したプロダクトを研究開発しています。

3.セールス&ライセンス
業界トップクラスの実績を誇る自社EC事業において様々なテストマーケティングを行い、お客様のご支援に知見を還元しています。また、越境ECやオフラインへの卸も手掛けています。

株式会社イングリウッドへのご相談はこちら

下記の企業様を対象に無料相談を承っています。

・年商10億円以上のECサイトを運営している事業者様
・これからECに参入しようと思っているメーカー様
・研修や育成に手が回っていない事業者様

無料相談はこちら
https://inglewood.co.jp/contact

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント