返品・交換・注文キャンセル自動化ツール「Recustomer(リカスタマー)」を運営するRecustomer株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:柴田 康弘)は、2022年6月23日より返品理由の分析が可能となる「アナリティクス機能」を公開しました。

■ 機能の概要と特徴
この度公開したアナリティクス機能によって、返品商品や返品理由に関するグラフ表示や細かい絞り込みによる分析が可能となります。これまでの事業者はECサイトで返品された商品の理由を管理できていませんでした。

アナリティクス機能を利用することで、分析結果を未来の商品開発に活かしたり、ECサイトの改善に活かせます。返品理由に“不良品”が多いのであれば、製造元を変更することや、“イメージと違った”という理由が多いのであれば、素材が分かりやすいアップの写真をECサイトに載せたり、モデルの身長を記載するなどの策を打てます。

今後は「注文してから返品商品を受け取るまで」や「交換商品の発送をするまで」の期間などを分析でき、返品フローの中でどのステータスに時間を要しているかを判明しやすくする機能を順次アップデート予定です。

■ Recustomerの今後の展開
Recustomerは、EC事業者の返品・交換・注文キャンセル業務を自動化するツールです。今後は、これまで対応してきた返品領域だけでなく返金・返送領域においてもECサイト利用者の購入後体験を支えるインフラを目指します。
より多くの事業者にRecustomerをご利用いただくとともに、最適なワークフローを提供し「返品」がマーケティングソリューションとして活用可能な未来を目指します。

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント