Instagramは10月13日(米国時間)、配信予定のInstagramライブを開始するスケジュールを予め設定し、フィード投稿を通じて告知できる機能を日本を含む全世界で導入することを発表しました。

この機能を使うと、配信者は開催予定のライブ配信の日時を、最大90日前からフィード投稿を通じて利用者に知らせることができるようになります。また、そのフィード投稿を見た利用者は、リマインダーを設定することで、予定日時の24時間前・15分前・開始時間の計3回通知を受け取ることができ、興味を持ったライブ配信を忘れずに視聴することが可能です。

また、ライブショッピング機能* を使うことができるビジネスの場合、スケジュールを設定する際、ライブ配信中に紹介したい商品を選択することも可能です(*米国の一部ビジネスのみテスト中、日本での導入時期は未定)。

使い方は以下の通りです:

ライブ配信のスケジュールを設定する方法(配信者向け)

  • ホーム画面を右方向にスワイプしてカメラを開き、画面下部のメニューから「ライブ」を選択すると「日時を指定」という新しいオプションが表示されます。
  • 「日時を指定」をタップすると、動画のタイトル、開始日時を設定することができます。
  • 「投稿としてシェア」をタップし、告知用のフィード投稿で使用する画像や動画を選んだり、キャプションを記入したりして、フィード投稿としてシェアします。
  • 配信者にも、スケジュールした開始日時の24時間前・15分前・直前の3回、リマインダーとして通知が届きます。
  • 配信を始めるときは、通常どおりカメラを開いてライブ配信を開始するか、リマインダーをタップして開始します。
  • なお、ライブ配信のスケジュールを設定する機能は、ビジネスやクリエイターだけでなく、すべての利用者が使うことができます。

ライブ配信のリマインダーを設定する方法(視聴者向け)

  • ライブ配信の情報が含まれるフィード投稿には、画像や動画の左下にカレンダーのアイコンと、ライブ配信が始まる日時が表示されます。
  • アイコンをタップすると、ライブ配信のタイトルや開始日時などの詳細に加えて、「リマインダーを設定」というボタンが表示されるので、タップしてリマインダーをオンにします。
  • リマインダーをオンにすると、ライブ配信が始まる日時の24時間前・15分前・ライブ開始時間にリマインダーとして通知が届きます。
  • ライブ配信の開始後、リマインダーをタップすると自動的に画面が変わり、ライブ配信を視聴できます。

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、多くのビジネスやクリエイターが、リアルタイムで顧客やファンとつながるためにInstagramのライブ配信を活用しています。ビジネスは商品の詳細や使い方を紹介し、視聴後にオンラインショップで購入を促したり、クリエイターはファンから質問を募集して答えることで距離を縮めるなど、活用法も広がりを見せています。

新機能を使ってライブ配信のスケジュールを事前に設定しておくことで、より簡単に告知ができるだけでなく、興味を持った顧客やファンが配信を見逃さないよう、配信前や開始直後にリマインダーを送ることができるようになります。

今後もInstagramは、ライブの配信者と視聴者、双方にとってより良い体験を提供するべく、様々な機能改善に継続して取り組んでいきます。

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント