YE DIGITALは物流倉庫の自動化促進に特化したWESである倉庫自動化システム「MMLogiStation」を開発し、11月25日より提供を開始いたします。
https://www.ye-digital.com/DXによる新たな社会づくりを推進している株式会社YE DIGITAL(本社:北九州市小倉北区 代表取締役社長:遠藤 直人)は、この度、物流倉庫の自動化促進に特化したWESである倉庫自動化システム「MMLogiStation」を開発し、11月25日より提供を開始いたします。

  • 倉庫自動化システム「MMLogiStation」の特徴

倉庫自動化システム「MMLogiStation」とは、自動化設備の導入をスピーディに実現し、かつ、倉庫内のオペレーション全体の最適化を可能にするWES(倉庫実行システム)です。

MMLogiStation システム構成イメージ
MMLogiStation システム構成イメージ

・主要な自動化設備の追加はプラグインで簡単・スピーディに
メーカを問わず主要な自動化設備の連携用の作業パーツを、「作業オペレーションデザイナ」上で使用できるプラグインとして提供します。※1

倉庫内すべてのオペレーションを管理&制御
作業オペレーションを細かい作業パーツとして提供。「作業オペレーションデザイナ」上でこれらの作業パーツを並べることで、業務手順の確認を行うと同時に、WESシステムを生成します。 ※2※3 

デジタルツイン・シミュレーションで物流KPIを可視化
仮想空間上のシミュレーションで、生産性要素データを元にした稼働率や生産性などの分析が可能です。 ※4

  • 物流倉庫の抱える課題に応える最新のWES

労働力不足や非接触化の要求、物量変動や小口化への対応など、物流業界で多様化するニーズに対応するには自動化が不可欠ですが、期待されるほど進んでいません。
その大きな要因としてあげられるのが、倉庫管理システム(WMS)の変更にかかる時間とコストです。

幅広い物流業務を管理するWMSシステムは、EC対応等で複雑化しており、従来のようにWMSをカスタマイズして最新の自動化設備を次々と導入するのは大変手間がかかります。

この課題を解決するために、自動化設備との連携機能・データ管理については、WMSから独立させてWESが担う方法が国内外で注目されています。
YE DIGITALはそれに加え、倉庫内のオペレーション(人手が関与する作業)もWESで管理することで、倉庫全体の稼働率や生産性の向上に寄与するシステムを開発いたしました。

YE DIGITALは1978年に創業以来、高い制御技術でお客様の自動化システムの開発に携わってまいりました。
物流市場においても自動倉庫等と連携したシステム開発で30年以上の実績があります。
この豊富な経験で培ってきた設備制御技術とノウハウを集約し、倉庫システム「MMLogiFrame」を提供してまいりました。
今回提供を開始する倉庫自動化システム「MMLogiStation」はそのアーキテクチャを刷新し、拡張性を高めた次世代の物流倉庫にふさわしい後継システムです。

YE DIGITALは今後、協業パートナーを広く募り、メーカを問わずに「MMLogiStation」とシームレスに連携可能な自動化設備も含めて販売を行ってまいります。
また、デジタルツイン・シミュレーション機能の強化を進め、導入診断サービス等の提供の検討を進めてまいります。

※1 自動化設備メーカとの協業により、WCSをラインアップいたします。ご利用には別途年間メンテナンスサービスへの加入が必要となります。
※2 作業フローの制作および変更は当社が実施します。お客様からヒアリングした作業オペレーションに基づいて、当社が作業フローを作成し、WESシステム生成・導入します。 
※3 作業フローは当社独自の物流業務に関する作業モデル(特許出願中)に基づいて定義します。
※4 各機器メーカとの評価検証後、オプション機能および各種サービスメニューの提供を今後予定しています。 

※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

(会社概要)
<商号> 株式会社YE DIGITAL (YE DIGITAL Corporation)

<設立> 1978年2月1日
<代表者> 代表取締役社長 遠藤直人
<本社所在地>福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 APエルテージ米町ビル
<事業内容>
ビジネスソリューション
   ‐ ERPグローバル展開支援
   ‐ 顧客業務システム導入
   ‐ 健康保険システムの構築
   ‐ システムコンサルティング
・  IoTソリューション
   ‐ ソーシャルIoT
   ‐ AI・ビッグデータ分析
・  サービスビジネス
   ‐ 運用支援
   ‐ アフターコンサル
<沿革>
・1978 安川情報システム(株)創立
・2003 東証2部上場
・2019 社名を(株)YE DIGITALに変更
・2020 本社を北九州市小倉北区に移転
<企業ホームページ>
https://www.ye-digital.com/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000065567.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント