ワールドグループの株式会社ファッション・コ・ラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中嶋 築人)は、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:平岡 昭良)と、オンライン・オフライン販売を融合させたOMOコマース事業を展開する小売・通販事業者向け事業基盤システムの分野で協業を開始します。

 ワールドが保有・利用し、ファッション・コ・ラボがアパレル業界を中心に提供しているEC/OMOソリューション「Omni-Base(オムニベース)」のライセンスを日本ユニシスに提供し、同社が独自機能を追加、新サービスブランド「DIGITAL’ATELIER(デジタラトリエ)」のサービスメニューとして提供を開始します。また、ファッション・コ・ラボが得意とする業務支援(サイト制作、CS、物流業務など)を合わせて提供することで、企業のOMO・デジタル化推進をシステム・業務の両面でサポートします。

なお、第一号クライアントとして、大手ファッション小売りへのサービス提供が決定し、2022年春の稼働をめざして適用作業を開始いたしました。

  • 背景

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で、外出自粛の社会状況の中、生活者の商品購入プロセスが大きく変化しました。コマースでは、EC、アプリ、オンライン接客が普及し、ECが主流になりつつある企業も増えています。
これまでリアル店舗に注力してきた小売り業態のオンライン接客の仕組みは、EC単体だけでなく、リアル店舗との在庫・顧客データ連携を前提としたOMOが必須となりつつあり、従来の接客の仕組み(基幹システムやPOSシステムなど)に比べて、多機能が求められ、既存システムとのより複雑な連携が必要となってきます。しかし、こうしたOMO基盤を単独で構築にするには、業務ノウハウに加えてシステムの知見と多大な投資、時間が求められます。

  • 協業の概要

ファッション・コ・ラボはこれまでも「Omni-Base」をもとに直営・公式ECのソリューション提供やEC業務の受託サービスを小規模・中堅アパレルメーカーや通販業者を中心に提供して参りました。しかし、上記背景を受けて、クライアント各社の導入規模が拡大、複雑化してきており、それぞれのデジタル化ニーズに個別に対応した上で導入するのではなく、業界共通のニーズに対して共通基盤をサービスとして提供することで各社の投資負担の軽減、導入期間の短縮を図るべく、「Omni-Base」のライセンスを日本ユニシスに提供し、その営業力・開発力を得ながら、同社の「Omni-Base for DIGITAL’ATELIER(オムニベース フォー デジタラトリエ)」として、業界に広く普及すべく協業を強化いたします。

 日本ユニシスは、大手小売・通販事業者のシステム構築・運用で培ったノウハウとクラウド事業の経験を元に、堅牢でセキュアなサービスを提供するサービスベンダーとして、SaaSおよび業務サービスを提供します。

 ファッション・コ・ラボは、日本ユニシスがクライアント企業に対してサービス提供する為に必要な「Omni-Base」のライセンス提供および、EC受託業務の効率化を追求する中で蓄積された業務ノウハウと人的リソースを提供することにより、クライアント企業の業務を支援し、大手アパレル製造小売事業者としてOMO・デジタル化の次世代ニーズをいち早く察知しサービス向上に貢献します。

  • サービスの特徴

ファッション・コ・ラボがライセンス提供する日本ユニシスの「Omni-Base for DIGITAL’ATELIER」は、10億から1000億円規模の事業に対するSaaS型の基盤システムです。随時、新機能追加ができるため、クライアント企業は必要な機能を選択し利用することが可能です。

SaaSならではのスピーディーな導入ができ、数百億円規模の事業でも1年前後でリリースを実現できます。「Omni-Base for DIGITAL’ATELIER」は、「大手でもサービス利用の時代へ」をコンセプトに立ち上げた、日本ユニシスの新サービスブランド「DIGITAL’ATELIER」のサービスメニューに組み入れ提供します。

主な機能は以下の通りです。
・フルフィルメント機能 (仕入から受注・販売/出荷の管理)
・EC機能 (スマホサイト・PCサイト・スマホアプリ)
・通販機能 (コールセンター機能)
・店舗機能 (POSと連携する各種OMO機能)
・卸・委託機能 (外部モールとの商品・在庫・売上連携機能)

  • 今後の展開

ファッション・コ・ラボは今回のEC・OMOソリューション「Omni-Base」のみならず、(株)ワールドが培ってきたアパレル・小売SPA業態の知見が蓄積された、「ワールドで実際に動き業務に活用されている」仕組み、システム基盤を業界の共通基盤として提供し、投資負担とリスクを軽減、業界の生産性を向上させる一助になることを目指します。具体的には、すでに提供が開始されている在庫コントロール、基幹システム、店舗システムに加えて、現在開発中のソリューションの外販をより積極化して参ります。

■(株)ファッション・コ・ラボについて
メーカー直営公式ECサイトの構築・運用受託にはじまり、総合アパレルメーカーである(株)ワールドが開発してきた POS、店舗在庫・店舗配送用在庫・EC在庫を同期連携と機会ロス、在庫ロスを軽減する在庫連携システム、MDシステム(自動帳票作成・表示ツール、在庫コントロールシステム)、基幹システムといったシステムソリューションを提供する「ファッション特化型デジタルサービサー」として 2011 年の設立以来、業態を拡張して参りました。

  【日本ユニシス株式会社の概要】
社名:日本ユニシス株式会社
代表者:代表取締役社長 平岡 昭良
本店所在地:東京都江東区豊洲一丁目1番 1 号
設立年月:1958年3月
資本金:54億8,317万円

【株式会社ファッション・コ・ラボの概要】
社名:株式会社ファッション・コ・ラボ
代表者:代表取締役社長 中嶋 築人
本店所在地:東京都渋谷区神宮前2-4-12 DT外苑3F
設立年月:2011年4月
資本金:80百万円

■関連リンク
日本ユニシス株式会社 https://www.unisys.co.jp/com/
DIGITAL’ATELIER(デジタラトリエ)ポータルサイト URL https://digitalatelier.jp/

※「Omni-Base」は株式会社ワールドの商標であり、そのシステム知財も同社に帰属します。
※DIGITAL’ATELIER(デジタラトリエ)は、日本ユニシス株式会社の商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※掲載の情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000884.000002439.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント