コンテクスチュアル広告のグローバルリーダーであるGumGum(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Phil Shraeder、以下GumGum)は、年間を通じて人々の注目や関心が高まりやすい文脈をまとめたレポート『GumGum コンテクスト トレンド カレンダー』を発表しました。

同社は画像と言語を把握するコンテクスト解析技術(MRC認証技術*)を保有しており、この機能を使うことで、世の中にどのような文脈を持つWebコンテンツが増え人々の注目や関心を集めるかを、トレンドとして予測することができます。今回のレポートは、注目度が高く広告効果が期待される文脈を月別の"ホットトレンド"として予測・公開することで、企業の年間コミュニケーション活動におけるコンテクスチュアル手法の導入と活用を支援することを目的としています。

レポートイメージ 1


コンテクスト(文脈)について
あらゆるWebコンテンツは、その内容に基づいて、さまざまなコンテクスト(文脈)に分類**することができます。また、文脈ごとのコンテンツの数は、シーズンやイベントなどの影響により毎月変動します。例えば、ラグビーW杯前後には「スポーツ」文脈の記事のボリュームが増え、"ホットトレンド"として、人々の注目や関心も高まります。​

GumGumによるコンテクスト解析方法について
GumGumは、画像と言語を把握するコンテクスト解析技術(MRC認証技術)を使うことで、世の中にどういった文脈を持つ記事が増え、人々の注目や関心を集めるかを、トレンドとして予測することができます。また、こうしたトレンドに合わせて適切な内容の広告を配信することで、広告効果(CTR等)が高まることが確認されています(自社調べ***)。

コンテクスト トレンド カレンダーについて
GumGumでは、毎月の"ホットトレンド"を『コンテクスト トレンド カレンダー』として予測・公開し、注目度が高く広告効果が期待される文脈を月別のトレンドとしてピックアップしていきます。毎月のトレンド文脈を事前に想定するための材料を提供することで、さまざまな企業が年間コミュニケーション(広告・広報)活動に文脈という視点を取り入れ、コンテクスチュアル手法をより積極的に活用するための支援を行っていきます。GumGumでは今後、四半期ごとに新しいコンテクストカレンダーを公開していく予定です。

レポートイメージ 2

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント

コマースピックメルマガ