Hamee株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、証券コード:東証一部 3134、以下、Hamee)は、クラウド(SaaS)型EC Attractions「ネクストエンジン」の拡張機能として「Facebookショップ連携アプリ」をリリースいたしましたので、ここに発表いたします。

【Facebook連携の背景】
Facebookは全世界で月間アクティブ利用者数28億人(2020年12月時点)、Instagramは全世界で月間アクティブアカウント数が10億を超える(2018年6月時点)SNSで、2020年5月20日に発表された、シームレスなオンラインショッピングの実現を掲げ「Facebookショップ」をはじめ、EC事業主様が「D2C(Direct to Consumer)」で商品を販売し成長するためのツール提供に注力しており、日本でも数社に限定したパートナー企業との協業を発表しています。

「ネクストエンジン」は国内類似サービスに先駆け、そのパートナーシップ候補の1社としてお声がけを頂き、「Facebookショップ連携アプリ」の開発に至りました。

【Facebookショップとは】
2020年6月中旬に日本国内で提供が開始された、Facebook、Instagram上にオンラインショップを無料で開設できる機能で、ビジネスアカウントは自社のFacebookページやInstagramのプロフィール上からショップへの導線を作ることができます。将来的には、ライブショッピング機能やロイヤリティプログラムとの連携などの導入も予定しており、Facebook社が提供するプラットフォームを通じて、より充実したショッピング体験を実現することを目指しています。

【「Facebookショップ連携アプリ」で実現できること】
■商品連携
「ネクストエンジン」で管理している商品名や商品画像を選択し、簡単にFacebook、Instagram上の商品カタログに登録することができます。

■在庫連携
「ネクストエンジン」で管理している在庫数をFacebook、Instagram上のショップの在庫有無に自動で反映します。その他モール・カート店舗と「ネクストエンジン」を連携することで、複数店舗の在庫を一元管理することができます。

「Facebookショップ連携アプリ」と、「ネクストエンジン」の基本機能を組み合わせることで効率よく、Facebook、Instagram上へ販売チャネルを増やすことができるようになり、EC事業者様が思い描く、ソーシャルコマースにおける体験への注力を実現します。

今後ネクストエンジンは、サービス開始以来、得られた運用ノウハウと、ケイパビリティをダイナミックに活用し、自動化・効率化を実現させた一歩先の「体験」に価値をおき、リアルやネットにとらわれないEC事業者様の「Enjoy Commerce」を支援するソリューション・サービスへの進化を目指します。

【ネクストエンジン概要】
・URL:https://next-engine.net/
・E-Commerce Attractions 
"Automation" から "Attraction" へ。もっと楽しいEC運営体験を。
・自社ネットショップ運営の現場から生まれたシステム
・受注、発注、仕入、在庫〜分析等、ネットショップに必要な機能を集約
 登録店舗数34,461店舗
(2021年1月31日現在 上場企業、楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗等含む)
・必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能
「ネクストエンジン」と連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームを提供

【Hamee株式会社概要】
名称:Hamee株式会社(東証一部 証券コード:3134)
代表者:代表取締役社長 樋⼝ 敦⼠
所在地:〒250-0011神奈川県⼩⽥原市栄町2-12-10 Square O2
設立:1998年5月22日
事業内容:EC支援・SaaS事業、スマートフォンアクセサリーの開発・製造事業、米国・中国・韓国 におけるEC展開
企業サイト:https://hamee.co.jp/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000693.000009971.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント