CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)は、ファースト・パーティ・データ活用によりサイト内外で一貫した顧客体験を実現するソリューション「KARTE Signals」が 、Yahoo!広告との連携を開始したことをお知らせします。2022年2月のローンチ以降、Google 広告およびFacebook/Instagram広告との連携を行っていますが、今回Yahoo!広告の検索広告やディスプレイ広告との連携が可能になることで、国内のインターネット運用型広告の主要な出稿先をカバーすることとなります。

KARTE Signalsは広告媒体と連携することで、自社サイトを訪問・利用する顧客のファースト・パーティ・データをサイト外での体験向上に活用できます。自社サイトでの行動データだけでなく、自社CRMの購買データやオフラインのPOSデータなどもすべて統合し、顧客とのコミュニケーションに活用できます。SaaSとして提供されるので、別途の環境整備やデータ基盤構築、その保守管理の必要もなく、自社内だけで運用を完結させることも可能です。

サード・パーティ・クッキー規制が本格化する中で、ファースト・パーティ・データの重要性がますます増しています。KARTE Signalsは、ファースト・パーティ・データをオンライン広告で活用、さらにサイト内外で一貫した顧客体験を実現することを通じて、顧客のエンゲージメント向上に貢献します。

KARTE Signals サービスサイト:https://karte.io/service/signals/

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント