先端テクノロジーを利用したマーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)のSaaS【Mineds(マインズ)】を提供する株式会社マインディア(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木 大也、以下マインディア)は、大手ECモールでの消費者購買行動を可視化する【Mineds for EC Data】を正式リリースしました。

※画面はサンプルイメージです。

  • Mineds for EC Dataの概要

Amazonや楽天市場など大手ECモール上での消費者購買行動を横断的に可視化するデータプラットフォームです。EC市場全体のトレンドの把握、カテゴリ内でのブランド・SKU別のシェア、特定ECモール内での人気ストアランキング、消費者1人1人の特定カテゴリ内でのブランドスイッチやリピートなど、様々なデータが閲覧可能です。

SaaSとしてサービス提供を行っているため、ご利用いただく企業様にはいつでもどこからでもデータを閲覧いただくことができます。

なお、Mineds for EC Dataのシステムは2020年9月にマインディアが特許権を取得しております。

  • 開発の背景

昨今の情勢を踏まえEC化戦略は業種問わず非常に重要なものとなっています。しかし、ECモールに出品する事業者が所有しているデータは断片的なものに留まっており、包括的なマーケティング活動に活かせるものではありませんでした。

マインディアでは多くのクライアントからのご要望をもとに、会員の許諾を得た上でECモールを横断した購買データの収集・分析をするプラットフォームを構築し、データ提供できるように整備しました。

  • データ収集の仕組み

マインディアの会員に対価をお支払いしてメールデータ及び購買データを提供していただいています。提供いただいたデータを機械的に正規化し、個人情報を伏せた状態で統計化しています。

  • データ閲覧可能なECモール

2021年9月現在、Amazon、楽天市場、Yahoo! ショッピング、PayPayモール、LOHACOのデータを閲覧することができます。閲覧できるECモールは順次拡大をしていく予定です。

  • クライアント企業様からのコメント

江崎グリコ株式会社様に、先行してリリースしていたベータ版をご利用いただいております。

ご担当者様のコメント:
「プロテイン」カテゴリの商品はECサイトが重要な購買チャネルとなっていますが、これまでの自社データ・第三者データからはその全体像を把握することができませんでした。Mineds for EC Dataのデータを活用することで、プラットフォームごとに当社の強みや課題を発見することができ、今後のEC販売戦略を策定する上で非常に重要なデータとなりました。

  • サービス導入・取材等に関するお問い合わせ先

株式会社マインディア
本サービス担当:石渡(いしわた)
住所:東京都港区赤坂8-5-8
代表電話:03-6869-7328
ホームページ:https://corporate.minedia.com/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=med_launch
問い合わせフォーム:https://corporate.minedia.com/inquiry?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=med_launch
メール:contact@minedia.com

  • 商標について

Amazonはアマゾン テクノロジーズ インコーポレイテッドの登録商標または商標です。
楽天市場は楽天グループ株式会社の登録商標または商標です。
Yahoo! ショッピングはヤフー株式会社の登録商標または商標です。
PayPayモールはZホールディングス株式会社の登録商標または商標です。
LOHACOはアスクル株式会社およびヤフー株式会社の登録商標または商標です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000054552.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント