​Amazon(所在地:東京都目黒区)は2021年、東京都、埼玉県、千葉県内の計5カ所にデリバリーステーションを開設します。Amazonはこれら配送拠点の開設に伴い、ラストマイルの配達を担う数百人規模の「Amazon Flexドライバー」を募集します。既存の配送網に新たな拠点とドライバーを増やすことで配送体制をより堅固にし、地域のお客様により確実で着実に商品をお届けすることを目指します。デリバリーステーションは、注文のあった商品を全国の物流施設などから集約し、周辺エリアのお客様の玄関先を目指す「ラストマイルデリバリー」の出発点となります。5カ所の拠点開設に伴い、日本国内のデリバリーステーションは約30拠点となります。

2021年に開設する5つの拠点の名称と開設(予定)時期は以下の通りです。

  • 東京町田デリバリーステーション(東京都):2021年6月(6月29日に稼働開始)
  • 国立府中デリバリーステーション(東京都):2021年8月
  • 戸田デリバリーステーション(埼玉県):2021年8月
  • 蓮田デリバリーステーション(埼玉県):2021年9月
  • 船橋デリバリーステーション(千葉県):2021年10月

アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス ディレクターのアヴァニシュ ナライン シングは、次のようにコメントしています。
「お客様との距離を縮め、迅速かつ安全で信頼性の高い配送サービスを提供するための取り組みの一環として、東京、埼玉、千葉のエリアにて、新たに5カ所のデリバリーステーションを開設します。また、「置き配」や「Amazon Hub ロッカー・カウンター」などの革新的な配送オプションを拡充し、地域で高まるお客様のご要望に安全にお応えしていきたいと考えています。今回の開設により、何百人ものAmazon Flexドライバー、その他の委託先配送業者に雇用機会を創出し、地域社会の発展に貢献していきたいと考えています。」

Amazonの最優先事項は、ドライバーを含めた配送拠点で働く全てのスタッフとお客様の安全を確保することです。新型コロナウイルス感染症対策として、Amazonのデリバリーステーションで働く全てのスタッフとドライバーなどの委託先に対し、社会的距離(ソーシャルディスタンス)を常に保つことの徹底、マスクの着用、定期的な検温と手指の消毒など、二重三重の感染予防対策を義務づけています。Flexドライバーに対しては、さらに、業務開始前後で配送車の消毒を徹底するよう要請しています。Amazonのデリバリーステーションでの安全対策に関する詳細情報は下記のDay One Blogをご参照ください。
https://blog.aboutamazon.jp/initiatives_company-news-COVID19-20200329

<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology, Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom (http://amazon-press.jp)およびAmazon ブログ (http://blog.aboutamazon.jp)から。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001318.000004612.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント