リユース業界専門紙を発行するリサイクル通信では、2020年のリユース市場規模の推計を行いました。2020年の中古市場規模は、前年比2.5%増の2兆4169億円となりました。新型コロナの影響により、商材や販売形態によって明暗分かれる結果となりましたが、全体では拡大傾向を維持しました。10年間の年平均成長率は7.5%で、11年連続して増加傾向が続いています。(住宅・自動車は対象外)

★フリマアプリの伸び大きく 商材別ではホビーや家具家電が伸長

主なトピックスとして、外出自粛による在宅時間の増加から、片付けに伴う買取やフリマアプリ利用が伸びた点が挙げられます。
ホビーや家具・家電が巣ごもり等の需要により大きく拡大。また密を避けるアウトドアやスポーツ関連の伸びも見られました。パソコンもテレワーク需要により回復しています。
一方でインバウンド需要の消失や外出機会の減少等の要因が影響してか、ブランド品やカメラは前年を大きく下回りました。

★店舗はコロナで苦戦 主戦場はメルカリ等のフリマアプリに

販売経路別では、店舗販売が前年比8.3%減と苦戦しています。
昨年4月の緊急事態宣言により休業や時短営業を強いられ、インバウンド需要が消失したことも打撃となりました。
一方でEC販売を強化した事業者は多く、ネット販売のBtoCは2.0%増と前年超え。
またフリマアプリ等のCtoCは14.7%増と成長率はやや鈍化したものの、拡大傾向が続いています。

★SDGs追い風に、25年に3.5兆円

リユース市場は、2022年には3兆円規模となり、CtoCの市場規模がBtoCを上回る見込みです。
また、これまでの市場成長率を鑑み、2025年には3兆5000億円に拡大すると予測しています。

リユース市場の認知拡大により、中古品売買が定着し、「SDGs」が追い風となっているリユース業界。
持ち物の換金や割安な商品購入という経済合理性、再利用という環境配慮を両立するリユース市場の成長はこれからも続きます。
(ニュース記事はコチラ▶ https://www.recycle-tsushin.com/news/detail_6313.php

★リサイクル通信について

リサイクル通信は、リサイクルショップや質店などのリユース業界の最新動向を、月2回発行のタブロイド紙とウェブサイトにて報じています。

ベンチマークするべき企業や、再販のリスクとその回避方法など、リサイクル・リユース事業を行う上で欠かせない情報をわかりやすくお届けします。
総合リサイクルショップ、業務用機器、ブランド品、メディアなどあらゆるカテゴリをカバー。新しい商材のブームも予測。業界のリーディングカンパニー社長も毎号登場し、成功の秘訣を本紙だけに明かします。全国古物市場一覧も毎号掲載。新設市場も追加更新しています。

購読お申込みはコチラ▶▶ https://www.recycle-tsushin.com/app/

  • 発刊:平成12年2月
  • 発行形態:タブロイド版20頁~24頁
  • 発行日:毎月10日・25日
  • 新聞版料金:14,300円/年間(税込み・送料込み)※購読者への直接郵送
  • 電子版料金:1,100円/月間(税込み)※支払いはVISA・Masterのみ

また、中古市場の動向をまとめた「中古市場データブック2021」を2021年10月ごろ販売予定です。
市場動向や事業者の動き、大手企業の傾向分析やより細やかな将来予測を、128ページにわたりお届けします。

価格や発売日などの詳細は、リサイクル通信公式ウェブサイトや各種SNSで告知いたします。
この機会にフォロー頂けますと幸いです。
LINE▶ https://page.line.me/qst3959z?openQrModal=true
Twitter▶ https://twitter.com/recycle_tsushin/
Facebook▶ https://ja-jp.facebook.com/recycletsushin/

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント