日本製データフィード管理ツールとして初めてShopifyと連携した「dfplus io」が、新たに業界最安値※となる月額1万円からのプランを提供開始。EC集客で重要度が増す商品データ活用のハードルを大幅に下げた。

Shopify Expertsである株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するマーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus io」は、業界最安値※となる月額1万円プランを新設し、Shopifyストアユーザーへの提供を開始いたしました。

Shopify アプリストアの「dfplus io データフィード管理」アプリ:
https://apps.shopify.com/dfplusio?locale=ja

ECにおいて、「Googleショッピング」「Instagramショッピング」といった商品データのマーケティング活用は、効果的な集客が可能であること、有力な活用先が増えていることから、今や必須の施策となっています。しかしその開始にあたっては、商品データの変換・送信・自動更新といった対応が必要であり、そのためのコストが一つのハードルとなっていました。

今回の新プラン「スターター」では、月額1万円からdfplus ioの全機能とサポートをご利用いただけます。これにより Shopifyを利用している事業者(マーチャント)は、開発コストや膨大な手作業、媒体情報を収集する手間などを削減でき、うまくいかない場合の相談相手も得ることができます。

dfplus io は2021年6月、日本製データフィード管理ツールとしては初めて Shopifyとのデータ連携を開始し、「Googleショッピング」「Instagramショッピング」等の手軽なスタート、より成果の出やすい商品データへの最適化、商品データ活用の一元管理のための機能を提供しています。

dfplus ioは、フィードフォースグループの広告運用の知見を活かし、初心者の方でも簡単に成果の出やすい商品データを作成・運用できるよう、以下などの機能を提供しています。 

  • Google検索ボリュームを加味した、Google商品フィードのタイトル自動最適化
  • Google商品カテゴリの設定・修正
  • 注力商品の広告強化、非注力商品の広告除外のための設定
  • 広告表示プレビュー
  • 商品に応じた、ブランド名など特定文言の追加/削除
  • データフィードの5段階評価と具体的な改善アドバイス表示(一部媒体)
  • Instagramショッピング、Criteo、Facebookダイナミック広告、Yahoo!動的ディスプレイ広告、LINEショッピング、アフィリエイト等に必要な商品データ一元管理

その他の機能、料金、より詳しい情報は以下の資料をご確認下さい。
dfplus io サービス資料:
https://dfplus.io/request/

dfplus ioは、「フィード初心者にもやさしいツール」を目指し、今後も便利な機能の追加および更なる利便性の向上に努めてまいります。

※国内データフィード管理ツール業界 2021年7月フィードフォース調べ
※2 2021年7月現在、Google 商品フィード、Facebookカタログに対応

◆マーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus io」について
「dfplus io」はフィードフォースが提供する、様々な商品・商材データをマーケティングでフル活用するためのSaaSです。Criteo、Facebookダイナミック広告、Google ショッピング広告、LINE Dynamic Ads、YDN 動的ディスプレイ広告、Indeed、Instagram ショッピングなど、商品データを利用する「データフィードマーケティング」のための機能を直感的なUIで提供しており、多くの広告代理店様、広告主様から支持されています。

◆株式会社フィードフォース 会社概要
フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

  • 会社名:株式会社フィードフォース
  • 所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
  • 代表者:代表取締役 塚田 耕司
  • 事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
  • Webサイト:https://www.feedforce.jp/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000071307.htm

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント