ECサイトで押さえておきたい5つのSEO施策

ECサイトで商品を購入してもらうには、まずはユーザーにECサイトに来てもらう必要があります。ECサイトの集客において、重要な施策の1つが「SEO」です。どのようなSEO対策でECサイトへの集客を行えば良いのでしょうか?今回はECサイトにお客様を呼び込むための5つのSEO施策を解説します。

ECサイトで押さえておくべきSEO対策5選

ECサイトに集客するには、まず検索エンジンに商品やサービスを理解してもらい、その上でユーザーを「買いたい」気持ちにさせ、行動変容を促すことが重要です。そのためのSEO施策5つを紹介します。

①商品詳細ページの最適化
②カテゴリ設計
③構造化データマークアップ
④Merchant Center(マーチャントセンター)
⑤集客コンテンツの作成

それぞれ解説していきます。

施策➀ 商品詳細ページの最適化

1つ目は商品詳細ページの最適化です。ポイントは4つあります。

ポイント1:商品名、ブランド名などをタイトルやディスクリプション(description/内容の要約)に書く

みなさんもご経験があるかもしれませんが、「このメーカーのこの商品が欲しい」と決まっているとき、メーカーの型番でGoogleの検索バーに直接入力して調べることってありますよね?その商品を特定できる場合は太字で出てきますし、ユーザーも検索結果画面の一覧を見るだけで「このサイトで売っているんだな」とすぐに判別できます。そのため、正確な商品名・ブランド名・品番をシンプルにわかりやすく表記しましょう。

とくに、品番や型番はしっかり入れておきたいですね。あなたも、過去に品番で商品を検索したことがあるかもしれません。型番をタイトルにしっかり入れておくと、検索結果を見たお客様がたどり着く可能性をたかめることにつながります。

ポイント2:サービス説明、料金、メリットをわかりやすくする

「うちで買うとこんなメリットがあります」を示す基本情報を充実させましょう。ポイントは、サービス説明・料金・メリットなど、魅力を訴求することです。

例えば、時計のECサイトを例に考えてみます。高級時計の新品も中古も販売していることを訴求しておけば、最初は新品を買うつもりで検索した人も、「中古はどんな状態なのかな」と興味を持ちやすくなります。サービス説明・料金・メリットなどを記載することで、よりユーザーを引きつけることができるでしょう。

ポイント3: いろいろな角度からの商品写真を充実させる

下記画像をご覧ください。目覚まし時計の販売ページです。

画像を見ると、正面、斜め、横からなど、たくさんの写真があることがわかります。360度で商品のデザイン、構造、質感などが確認できれば、ユーザーは安心して購入できます。高画質なほうが細かいところまでチェックできていいですね。

しかし、画像だけに縛られる必要はなく、動画で伝えたほうがいい場合は、動画で伝えましょう。目覚まし時計の場合は、どんなアラーム音か気になる人向けに、動画で実際に聞けるようにすると良いですね。ユーザーは「毎日こんな音で起こされるんだな」と理解ができます。

商材が違えば、載せるべき画像の種類も変わります。服や靴など、ファッションアイテムであれば、実際の人が着ている着用画像、縫い目やファスナーがわかるアップの画像が必要です。

SEOの観点からポイントがあります。掲載の際は「altタグ(属性)」を入力するのを忘れないようにしましょう。「ソールのかかと部分」「パンツとのコーディネート例」などの画像ごとの説明文のことです。

※altタグ(属性)とは
検索エンジンに対して画像の情報を説明するためのテキスト情報のこと。代替テキストとも呼ばれます。音声読み上げで視覚障害者の方が理解をするのに役立ち、何らかの理由で画像が表示されない場合にも理解するためのガイドになります。

alt属性については、以下の動画も参考にしてみてください。

【SEOにおける画像の最適化】最も最適なファイルサイズ・容量・解像度はある?

 ポイント4:購入時の詳細情報を充実させる

在庫の有無、価格など購入の判断に必要な情報がファーストビューに入っているか。ECサイトをお持ちの皆さんはぜひチェックしてみてください。

何回もスクロールしないで済む位置に表示されるとカート追加率がアップする可能性が高まります。また、流入してきたお客様が直帰する率を減らすことができます。調整にそれほど手間がかかる部分ではないのでぜひ試してみてください。

(補足)レビュー・評価の表示は信頼度の向上に貢献
大手ECサイトでは常識ですが、レビューや星の評価を設置する商品ページは多いと思います。これからECを始めるから、まだユーザーレビューがない場合は、スタッフの試着レビューなど、実際に着用した感想を書きましょう。例えば「◯センチの身長の私にはMサイズはちょっときつすぎました」「このような場面で便利でした」などといった情報をテキストや画像で載せると信頼度が高まります。(※偽のクチコミは、信頼性を低くする結果につながるので行わないようにしてください。)

施策➁ カテゴリ設計

カテゴリ設計のポイントは3つです。

ポイント1:カテゴリ名は月間検索回数の多いワードを使う

ご存知の方も多いかもしれませんが、カテゴリ名には月間検索回数の多いワードを使いましょう。月間検索数が多いということは、それだけ検索している人数が多いということです。お客様になってくれる可能性のある人がたくさん訪れてほしいのであれば、どのキーワードを選ぶかは自ずと決まってきます。

ポイント2:カテゴリをできるだけ細かく設定する

同じカテゴリで商品数が100件を超えるような大きめのECサイトを運営している方には特に注意すべきポイントです。掛け布団がほしくてECサイトに入ったら、敷布団やこたつ布団もある中で、自分の欲しいタイプの商品を探すのは面倒。離脱率が増えてしまう原因になります。

掛け布団カテゴリを作ると、一発でお客さんが目当ての商品を探しやすく、検索エンジンによる認識の精度を高めるためにも有効です。とはいえカテゴリが細かすぎると逆に迷わせてしまうこともあります。

あまり一般的でないカテゴリや、お客様にとってあまり気にならないメーカー名まで分ける必要はありません。「分けたはいいが、商品が1個しかない」ような場合はカテゴリ分けする意味がほぼないと考えてください。

「こたつ布団」が「こたつ」カテゴリにも、「布団」カテゴリにも存在するような重複が生じた場合、それ自体は問題がありません。しかし必ず「同じURLに誘導する」ことを心がけてください。Googleに重複コンテンツとして認識されてしまいます。また、細かくしすぎるあまり、同じ名前のカテゴリがダブることがないようにも気をつけてください。お客様もGooglebotも、どちらを見に行けばいいかわからなくなってしまいます。

ポイント3:ブランド名✕アイテムの掛け合わせでカテゴリを作る

例えば、あるブランドのスニーカーを求めている人が「スニーカー」カテゴリから特定ブランドの商品を探すのは大変です。その場合、ブランドごとのスニーカーでカテゴリを作り、まとめたほうが親切で便利ですね。ユーザービリティ向上のため、よく知られているブランドなら分けておきましょう。

施策➂ 構造化データマークアップ

「そもそも構造化データとは何?」という方は、ぜひ下記の解説動画をご確認ください。

【構造化データとは?】テストツールやメリット・デメリットを徹底解説

ざっくり説明すると、例えば「ワンピース」というキーワードがあります。人間なら前後の文脈から漫画なのか服のことなのか判別できたとしても、コンピュータにとって、単なるカタカナの5文字の文字列としか認識できません。そういうときに「意味づけ」をしてあげる役割を果たすのが構造化データです。ECサイトのお話なので、商品の構造化データをコンピュータに教えてあげて「これは商品ですよ」と意味を理解してもらいやすくするものです。

ECサイトでこの構造化データを実装すると、検索結果画面にリッチリザルトという別枠で表示される可能性が高まります。商品名で検索した人が、画像、レビュー、星の数、値段をすぐに確認できるのです。また、画像検索の結果画面でも「商品」というバッジがつくので、買えることがひと目でわかり、購入に誘導しやすい動線が作れます。

HTMLを見ると「けっこう面倒くさそう」と思う方もいるかも知れませんが、お使いのECサイトのシステムの機能の1つでこういった構造化データを自動で作成・実装してくれる機能がついていることがあります。

そのようなサポート機能がない場合、サンプルコードを流用して実装することもできるでしょう。さらに、Googleが提供する「構造化データマークアップ支援ツール」を使いながらコードを作ることができます。

実装したらリッチリザルトや画像検索で商品が必ず出てくる?

よく聞かれることがありますが、残念ながら100%出る保証はありません。構造化データを実装するというのは「リッチリザルトを表示させる権利を得た」ことになるだけです。

ECサイトの運営者は構造化データのガイドラインをしっかり守って構造化データを実装。その後、Google側でマークアップされた内容をチェックし、最終的に「この検索キーワードで検索した方にとってリッチリザルトがあるほうが便利なのかどうか」を判断します。

実装しても必ず出てくる保障はないが、実装しなければ土俵に上がれない。そういう機能だと理解してください。

施策➃ Google Merchant Center

ここまで構造化データの仕組みをざっくり説明してきましたが、ECサイトの場合、成果を図るデータはGoogle Merchant Center(マーチャントセンター)に集約されます。EC版のGoogleサーチコンソールだと考えていただけると良いかもしれません。

マーチャントセンターに自分のECサイトで売っている商品の名前、値段、商品JANコードなどを登録すると、Google 検索の「ショッピングタブ」に掲載することができます。

商品の情報を、Google検索の「ショッピング」タブに有料の広告を出せるようになるだけでなく2020年10月からは無料でも掲載できるようになりました。商品の露出を増やすことができるので、集客につながるはずです。

それに加えて、構造化データのところの「コンピュータに意味を伝える」という話と関連して、商品に関するより多くのデータを素早くGoogleに提供することができる、というメリットもあります。「たった今値段を変えた」「セールを始めた」といった情報もいち早くユーザーに知らせることもできる可能性が高まるので、マーチャントセンターも併用することがおすすめです。

仕組みや登録方法については、Googleの公式サイトをご確認ください。
Google Merchant Center

施策➄ 集客コンテンツの作成

集客コンテンツを作る目的は、商品の購入につながる潜在的なお客様を獲得することです。商品を既に知っている、買おうとしているお客様(顕在顧客)なら、後は値段や届く日数を比較しやすくすれば購入につながります。

一方で「購入を迷っている」「今すぐ買うわけじゃないけど新しい時計が買いたい気がする」といったお客様(潜在顧客)に対しては、その商品に対しての情報収集型のコンテンツ(お役立ち情報)を届けてあげると、予備知識を獲得して、サイトへの信頼度を高め、ゆくゆくは購入につながることもあります。

購入を後押しするカテゴリとして「卒業式・入学シーズンのギフト」「バレンタインデーにおすすめ」といったトレンドや季節を考慮に入れたコンテンツを作るのはおすすめです。ウンチクとして、「ROLEXのシリアルナンバーの意味とは」「Tシャツのたたみ方」など、違う角度から興味を高めるコンテンツの作り方もあります。

ECサイトの集客アップを狙うならSEO施策がおすすめ

上記で、ECサイトのSEO施策で重要な5つの施策を紹介しました。

①商品詳細ページの最適化
②カテゴリ設計
③構造化データマークアップ
④Merchant Center(マーチャントセンター)
⑤集客コンテンツの作成

サイト構造上、取り組むのが難しい部分もあるかもしれませんが、ぜひできるところから挑戦してみてください。

なお、⑤集客コンテンツ作成は、システム改修も少なく、比較的取り組みやすい施策だと思います。ご相談があれば下記の無料サイト診断にお申し込みください。どのようなコンテンツが必要になるかなどのアドバイスいたします。

ミエルカでは無料のWeb診断を行っています。Web広告を出稿する前にぜひ一度無料サイト診断にお申し込みください。また、下記サイトでSEOやWebマーケティングについての情報配信もしております。合わせてぜひご覧ください。

【情報発信サイト】
・SEOやWebマーケティングなら「ミエルカジャーナル
(最新記事:『 SEO対策の最新情報』)
・ デジタルマーケティング最新ノウハウなら「ミエルカチャンネル」(YouTube)

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント

コマースピックメルマガ