通販関連事業者様の 「不正注文対策」に関する調査

資料の概要

クレジットカード決済の不正利用被害について、年商1億円以上の事業者にアンケートを取りました。年商規模別に集計していますので、自社の年商規模に近い企業でどれくらいのチャージバックが発生しているデータを参照できます。

■調査概要
調査方法:ネット方式による、アンケート調査
調査期間:2022年6月30日~7月4日
回収サンプル数:300( 年商1億円以上のEC/通販事業勤務者 )
調査主体:株式会社エルテックス(https://www.eltex.co.jp/service/commerce/
     株式会社コマースピック
調査実施機関:楽天リサーチ株式会社

クレジットカードの不正利用被害は年々増加しており、2021年には330億を超え、オレオレ詐欺を含む特殊詐欺の282億円を遥かに上回る被害額となっています。詳細については、下記をご覧ください。

資料の目次

1.直近1年以内のチャージバック発生数に対する、その前の1年との比較
2.1の年商別データ(1億~10億円未満・10億~100億未満・100億以上)
3.直近1年のチャージバック回数
4.3の年商別データ(1億~10億円未満・10億~100億未満・100億以上)
5.不正注文の対策
6.5の年商別データ(1億~10億円未満・10億~100億未満・100億以上)

資料の対象者

  • 定期通販をされている事業者様
  • クレジットカード決済を利用されている事業者様
  • 年商1億円以上の事業者様

資料のダウンロードフォーム

    ・氏名 ※必須

    ・会社名 ※必須

    ・メールアドレス ※必須

    ・電話番号 ※必須

    「サービス利用規約」「個人情報保護方針」に同意する。



    コマースピックLINE公式アカウント

    コマースピックメルマガ