物流ロボットのサブスクリプションサービス「RaaS(※)」(Robotics as a Service)並びに販売を展開するプラスオートメーション株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:飯間 卓、以下「+A」)は、倉庫等での仕分けの自動化を始めたいお客様向けに、ソーティングロボットシステム「t-Sort」のRaaSを月額30万円から利用可能な「ロボスク スターターパック」をリリースしました。

「ロボスク スターターパック」の基本構成とオペレーションの流れ。空きスペースに合わせてレイアウト設計が可能。
「ロボスク スターターパック」の基本構成とオペレーションの流れ。空きスペースに合わせてレイアウト設計が可能。

■「ロボスク スターターパック」概要

1.     「導入期間 最短1日~」
申し込みから導入完了までわずか1カ月、現場セットアップは最短1日で完了させます。現行オペレーションを止めずに利用開始も可能です。

2.     「月額30万円」
ハード(ロボット5台及び周辺機器)、ソフト一式月額30万円の使用料かつ初期費用ゼロで約700ピース/時間(注
)の仕分け作業を構築できます。
(注)乱数を活用したシミュレーションに基づく機械能力値であり保証値ではありません。

3.     「契約期間3カ月~」
最低3カ月間という短期契約により、スモールスタートや実証実験(PoC)にも活用可能です。

「ロボスク スターターパック」詳細:https://plus-automation.com/page-solution/page-solution-robosqstart.html

■「t-Sort」概要

小型の無人搬送車(AGV)の一種で、物品の搬送や仕分けが可能な次世代型ロボットソーターシステムであり、全国で1,000台以上が稼働中です。従来の固定式ソーターと比較し高い柔軟性と機動力を持つことに加え、省スペースでの運用を実現します。また、仕分け作業に必要なデータをCSV形式で準備し、+A独自開発のクラウド型庫内実行システム「+Hub」にアップロードすればシステム連携不要でいつでもすぐにでも利用可能です。

+Aは引き続き、柔軟性と機動力が特徴のRaaSを提供しながら、流通・物流業界の課題解決に向け新たな挑戦を継続します。

以上

「t-Sort」他の動画:https://www.youtube.com/channel/UCdaoYpp_PAzy3Es8Mejq2oA/videos

2019年設立、三井物産、日本GLP、豊田自動織機の3社を株主として、「次代のロジスティクスを共に創る。」という共通のビジョンと多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集っています。東京都品川区のデモ兼R&Dスペース「cube」では実際に様々ロボットの見学や体験が可能です。
eコマース需要増大、販売のオムニチャネル化、人手不足、職場環境の変化等により、物流現場では自動化のニーズが益々高まっています。+Aでは高い機動力と柔軟性を維持しながら初期投資ゼロからのサブスクリプション型のロボットサービス「RaaS」を中心に、ロボットを始めとする自動化機器を物流業界全体で融通しながら活用していくことで業界全体を繋げ、物流ロボットシェアリングネットワークを構築することで、次代のロジスティクスを皆さまと共に創っていきます。

(※)+AのRaaSとはロボットサービスを月額定額制のサブスクリプション型で提供するものです。初期費用はゼロ円から、導入も短期間で完了し、月額料金には導入前コンサルティング、システムインテグレーションを含む導入、ハードとソフトのレンタルやメンテナンス、導入後の改善、契約満了時の撤去まですべて含む活用しやすいサービスです。
オペレーションに最適なロボットシステムを企画・提案・運用出来ることに加え、ご要望に応じ一時的なロボット台数の増加や、お客様の成長ステージに合わせてスモールスタートから徐々に拡張していくことが可能です。

本件に関する問い合わせ先:プラスオートメーション 大橋
Email:info@plus-automation.com

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000051623.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント