ヤフー株式会社が提供する事業者向けデータソリューションサービスは本日、検索ビッグデータから“次のヒット商品の種”を見つける「商品ブレイクマップ」レポートを公開しました。レポート:https://ds.yahoo.co.jp/report/20210916.html

「商品ブレイクマップ」は、検索の増加率などをもとにした“トレンドスコア”と実際の検索数を掛け合わせて分析することで「今注目されているアイテム」や「これから流行りそうなアイテム」を見つけるために開発した分析手法です。“トレンドスコア”と検索数がともに高い場合は、「今注目されている(既にヒットしている)アイテム」、“トレンドスコア”が高く検索数がまだ多くない場合は、「これから流行りそうなアイテム」と考えることができます。

この「商品ブレイクマップ」の手法をもとに、今年大ヒットしたスイーツ「マリトッツォ」を振り返ってみると、2020年の11月に「商品ブレイクマップ」に初めて登場し、その後、週を追うごとに“トレンドスコア”と検索数がともに伸びていっていたことがわかりました。また、「これから流行りそうなアイテム」としては、「アイシー・スパークレモン」などがあげられそうです。なお、この分析手法では、食品だけでなくファッションや家電といったさまざまなジャンルの分析が可能です。

本レポートの内容の詳細や、そのほかの分析も追加してご紹介するオンラインセミナーも実施します。報道関係者様のご出席も可能です。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

■セミナー開催概要
・日時:9月28日(火)16:00~17:00(15:50よりアクセス可能です)
・場所:オンラインライブ配信(Zoom)
・登壇者:ヤフー株式会社 データソリューション事業本部 新庄匠
・参加申込:
以下ウェブサイトより受け付けています。参加費は無料です。
https://ds.yahoo.co.jp/seminar/trend0928.html

■ヤフー・データソリューションについて
ヤフー・データソリューションは、ヤフーの多様なサービスから得られるビッグデータを活用し、企業や自治体向けに事業の創造や成長支援、課題解決などにつなげるインサイトを提供するサービスです。検索・人流データをもとにお客様ご自身で分析いただけるデスクリサーチツール「DS.INSIGHT」と、オーダーメイドでビッグデータを活用した課題解決を支援する「DS.ANALYSIS」などを提供しています。「商品トレンドマップ」については、「DS.ANALYSIS」にてご相談をお受けすることが可能です。なお、「DS.INSIGHT」では、統計化されたデータのみを扱っており、個人を識別可能な情報は含まれません。

▼画像は以下URLからダウンロードいただけます。
https://yahoo.jp/Q47AAT

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000081771.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント