株式会社ecbeing(イーシービーイング 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 雅也、以下ecbeing)は、2020年度において国内ECサイト構築実績1,400サイトを突破、富士キメラ総研社の発行する富士マーケティング・レポートによる、【 ECサイト構築パッケージソリューション市場占有率調査 】において13年連続シェアNo.1を獲得しました。

  • ECサイト構築ソリューション市場規模は約200億円

2020年度のECサイト構築ソリューション市場規模は199億円で約200億円となり、5年後の2025年には291億円に達することが予測されております。その理由として、コロナ禍の影響が当初の予測よりも長期化しており、収束の目処が立っていないことからステイホームによる巣ごもり需要は継続していくと予想されます。
その中で、EC事業の強化を実施する企業は多いとみられ、新規ユーザーによる導入、既存ユーザーによるアップセルの需要増加が見込まれることから、今後も安定した市場成長が推測されています。

  • ECサイト構築の着工件数は過去最高を記録

ecbeingをプラットフォームにしたECサイト構築着工件数は、2020年度は2019年度比で162.7%となっており、1999年のecbeing販売開始以来の過去最高件数を記録しました。
 

  • 大きな伸びを示した業界は化粧・医療品、日用品、食品

2020年度にecbeingで構築着工した中で大きな伸びを示した業界としては、医療品・化粧品、日用品、食品の順となっており、2019年度と比べ、医療品・化粧品については3倍以上、日用品については2倍以上となりました。長引くコロナ禍においても日常生活での必需品への需要は高く、関連商品を提供する業種は相次いでEC立ち上げに着手した結果となっています。

  • 企業間取引(BtoB)におけるECサイト構築も過去最高件数を記録

ECでの取扱商材を消費者向けだけでなく、企業間取引(以下BtoB)商材を含めると、BtoBは、医療品・化粧品、日用品に次いで伸び率が高い業種となり、過去最高の着工件数となりました。この理由にもコロナ禍が影響はしており、企業間取引ではテレワークの推進に伴う営業担当者の訪問による販売が減少し、オンライン商談が増加したことから、これを機会に注文手続きのオンライン化(EC化)を推進する企業が増加したことが関係しています。
コロナ禍収束後もテレワークは定着する可能性が高いため、今後もECサイト構築においてBtoB分野は大きな成長が見込まれています。
 

  • ecbeingについて

ECサイト構築パッケージソフト「ecbeing」は、1999年のサービス販売開始以来、大手や中堅企業を中心に1400サイト以上の導入実績があるECのパッケージシステムで、国内トップシェアを誇る総合ソリューションです。

「ecbeing」は業種や業態を問わず、戦略立案から、デジタルマーケティング、サイト制作、システム構築、運用、データセンターまでワンストップでご提供が可能です。

運用しやすく、マーケティング支援までサポートする売上を上げられるECサイトの構築から、会員データを活用した店舗連携のオムニチャネル対応のECサイトやスマートフォンアプリの提供も行っています。


――――――――――――

○ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社ecbeing
担当:古田 雄
TEL : 03-3486-2631  FAX : 03-5466-9480
Email: IR@ecbeing.co.jp

※掲載されている情報は、本リリース発表時点での情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

○ 株式会社ecbeingについて
本社所在地: 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
代表取締役社長:林 雅也
事業内容: ECサイト構築、ECビジネスコンサルティング、ECサイトデザイン制作、ECプロモーション・マーケティング、EC専用インフラサービスをワンストップでご提供
株主構成: 株式会社ソフトクリエイトホールディングス(東証一部・証券コード:3371) *100%出資
URL:https://www.ecbeing.net/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000007074.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント