株式会社FLAG(本社:福岡市中央区、代表取締役:貞光賢一)は、コンテンツを収益化する独自の任意料金制プラットフォームを作ることができるサービス「FLAG(フラッグ)」を2021年9月1日に正式リリースしたことを発表します。

  • FLAGとは

「FLAG」は全てのクリエイター(広義の事業者)がプログラミングを用いず簡単に独自のサイトを作成し、コンテンツを収益化することができるサービスです。

買い手に最終的な購入金額を委ねる取引がベースとなっており、「オンラインショップ」「サポート(クラウドファンディング)、(サブスクリプション(継続課金))」などの独創性を活かしたオンラインサービスを簡単に始めることができます。
FLAG サービスページ [ https://flag.gg ]

  • 買い手が「払いたいだけ払う」取引

FLAGは2020年4月よりクローズドβ版としてサービス利用者(運営者)を限定し、テストマーケティングを行ってきました。
サービスの特徴でもある”買い手が購入価格を決めた”5,000件を超える取引が行われ、サービスを提供している運営者のうち8割以上の売上が設定した価格より増加していることが分かりました。

また、属性によっては40%以上の取引が運営者の設定した金額より+αされた任意料金の取引となっていることが分かり、今後利用されるコンテンツやサービスによっては収益の増加効果が期待されます。
 

  • 様々なプロジェクトやイベントで使われています

「FLAG」は様々な用途で使われています。

・アーティストによるライブハウス支援プロジェクト「Make With Music」はユーザーから支援のお返しとして参加アーティストで制作した楽曲を提供し、ライブハウスに支援をおこないました。
 

・「海と日本プロジェクト in くまもとeスポーツ」ではeスポーツを通じてこのキャンペーンを広げるため、無観客のYouTube配信という形で大会を開催しオンラインで支援を集めました。
 

・「MINAMATA Tシャツアート展」は”服から服へ”のテーマでイラストを募集し、古着とペットボトルをリサイクルした再生原料から作ったリサイクルポリエステルを使用して制作したTシャツをオンラインで販売し、収益を熊本豪雨災害の支援金としました。
 

  • 今後の展開

「FLAG」では今後、デジタルコンテンツの販売機能やご利用者(運営者)のコンテンツを多くの方に知っていただき、よりユーザー(購入者)の価値観で取引しやすくする仕組みを開発していきます。

買い手が購入価格を決める取引は従来の売買を変える仕組みですが、実際に気持ちや思いを+αした取引により収益の増加に成功するクリエイター(事業者)が増えています。

今後は分野を問わず多くのクリエイターがコンテンツを収益化するユーザー主体の取引をより利用しやすくなるよう様々な展開をおこなっていきます。

FLAG をはじめる  [ https://flag.gg ]

  • 株式会社FLAGについて

株式会社FLAGは「価値観を解放する」をコンセプトにフリーペイメントコマースを主軸としたサービスを展開する企業です。

株式会社FLAG [ https://www.flaginc.net/ ]

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000010335.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント