株式会社ダイアログ(本社:東京都品川区、代表取締役:方志嘉孝)の提供するSaaS型在庫管理システム「W3 MIMOSA」が、Hamee株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役:樋口敦士)の提供する、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」と、APIによる自動連携を開始したことを発表いたします。

従来「ネクストエンジン」と「W3 MIMOSA」間で在庫データや注文データの連携を行う場合、CSVファイルのダウンロードおよびアップロードを手動で行う必要がありました。

W3 MIMOSA専用「ネクストエンジンアプリ」リリースしたことにより、ネクストエンジンからW3 MIMOSAへの受注データ連携、W3 MIMOSAからネクストエンジンへの在庫情報連携が自動化され、手動でのダウンロードやアップロードに要する手間と時間を大幅に削減することが可能になりました。

アプリケーションはこちら
https://base.next-engine.org/apps/3174/detail/

■Hamee株式会社とは
Hameeは、モバイルアクセサリーの企画・販売を⾏う「コマース事業」と、インターネット通信販売事業者向けクラウド型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」の開発・提供を⾏う「プラットフォーム事業」の⼆つの事業で、世界的にも成⻑が続いている EC市場において市場の成⻑率を上回る利益成⻑を続けています。
“happy mobile, easy e-commerce”を事業ドメインと定め、コマース事業においては、モバイルアクセサリーNo.1ブランドの実現を、プラットフォーム事業においては、ネクストエンジンをEC業務マネジメントプラットフォームのグローバルスタンダードとすることを⽬指しており、特に「ネクストエンジン」によってEC業界の⾃動化を推進することで、EC事業に携わる全ての⼈々の仕事が、よりクリエイティブな領域へシフトするような環境を提供し、EC業界全体の成⻑に貢献しています。

・ネクストエンジンとは
URL:https://next-engine.net/
自社ネットショップ運営の現場から生まれたシステム
受注、発注、仕入、在庫〜分析等、ネットショップに必要な機能を集約
登録店舗数34,461店舗(2021年1月31日時点)
必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能
「ネクストエンジン」と連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームを提供

■株式会社ダイアログとは
2013年11月創業。株式会社ダイアログ(本社:東京都品川区、代表取締役:方志嘉孝)は物流×ITをテーマに、物流領域のイノベーションを実現するソリューションを提供するプロフェッショナル集団。
主力ソリューションであるクラウド型WMS「W3 SIRIUS」は、オムニチャネル、複数拠点の在庫⼀元管理を実現する高機能モデルとして高評価を獲得。年間流通総額2200億円を実現し、2018年にはASPIC IoT-AIクラウドアワードにて、ASP・SaaS部門の社会・業界特化系分野先進技術賞を受賞。また、WMS以外にも、三菱商事と共同で、リバース物流活用サービス「SMARI」を企画・開発し、2020年12月時点で約2700店舗のローソンへの導入を実施している。

 ・W3 MIMOSAとは?
「W3 MIMOSA」は2015年にリリースした高機能クラウド型在庫倉庫管理システム「W3 SIRIUS」の多業界導入実績をもとに、「ノンカスタマイズでの即時標準導入」をコンセプトに開発した、SaaS 型在庫倉庫管理システムです。

・製品ページ
https://www.dialog-inc.com/top/business/warehouse_management_services/about_w3_mimosa/2021040901

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
株式会社ダイアログ
https://www.dialog-inc.com/
マーケティング担当:小林恵子
電話:070-3856-4445
メールアドレス:kobayashik@dialog-inc.com

マーケティング担当:ベレイキナ・エウゲニヤ
電話:070-4158-4603
メールアドレス:vereykinae@dialog-inc.com

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000053900.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント