株式会社スクロール(本社:静岡県浜松市中区、代表取締役社長 鶴見 知久)の子会社で、EC・通販事業者への高付加価値ワンストップソリューションを提供する株式会社スクロール360(本社:静岡県浜松市中区、代表取締役社長 山崎正之、以下当社)は、あらゆるクライアントニーズへの対応を目的とした各種物流代行サービスの拡充を推進しており、今回新たに中小規模のリピート通販事業者様向けに高品質物流代行サービスをより手軽に・スピーディーに導入できる「ライトプラン」の提供を開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

  • 背景・概要

 近年のECシフトの加速に伴う通販物流ニーズの高まりにより、当社には多くの企業様からお問い合わせを頂戴しております。そのような中、現在当社が提供している物流代行サービスは、事業者様ごとに最適化したオリジナルの物流基盤を構築するカスタマイズタイプ(以下「カスタマイズプラン」)が主流であったため、出荷件数の少ない中小規模の事業者様ではコストが見合わず、お断りせざるを得ないケースが多々ありました。
 そのため「中小規模の事業者様の期待にもっとお応えしたい」という当社の想いから、「ライトプラン」を新設。従来の「カスタマイズプラン」とは異なり、当社が定めた物流基盤(入出荷ルール・データ連携方法等)をご利用いただくことで、物流品質は担保しながらも事業者様の費用負担を軽減、さらに最短14日間というスピード導入も可能となりました。

  • 新プラン「ライトプラン」について

 本プランは中小規模のリピート通販事業者様や、通販物流を新規に立ち上げるDtoC企業様にもお手軽にご導入いただけるプランです。一般的な中小規模事業者向けの物流代行サービスでは難しいとされている「販促物同梱」や「ギフトラッピング」にも標準対応。費用負担を抑えながらも、特にリピート通販で重要な“顧客満足度”を高め、LTVを最大化する為に必要な機能を提供いたします。

【プラン比較】

【 「ライトプラン」の特長 】●少ない出荷件数から対応
⇒中小規模のリピート通販事業者様、通販物流を新規に立ち上げるDtoC企業様に最適。
⇒事業規模の拡大や成長を見据えた物流をコストを抑えて実現。
●最短14日間での導入が可能
⇒当社が定めた物流基盤をそのままご利用いただくため、見積・契約がスピーディー。
●高品質な物流代行サービスを提供
⇒スクロールグループで長年培った通販・物流ノウハウをもとに、物流センター、従事するスタッフすべてがBtoC仕様。誤出荷率は0.0001%~0.0005%(単品リピート商材での実績)。
※詳細は、スクロール360「リピート通販物流」特設サイト(https://lp.scroll360.jp/repeat-logi/)をご覧ください。
●「販促物同梱・ギフトラッピング」も標準対応
⇒アップセル・クロスセルに繋がる機能を提供。
 他社との差別化を図り、顧客満足度を高めてLTVの最大化を実現。
●セール時・大量注文などの出荷量変動にも柔軟に対応
⇒売り逃し等の機会損失を軽減!急な出荷量変動にもスムーズに対応。
●安心のサポート・運用体制
⇒「ライトプラン」専用のサポート窓口を完備。何かお困りごとが発生した際もすぐに対応。
⇒徹底した在庫管理(実数での棚卸)で資産管理も安心してお任せ。倉庫視察も常時可能。
⇒配送精度の高い運送会社を選定することで、荷物の不着などの顧客問い合わせ等を軽減。

  • 当社にお任せいただくメリット

 当社ではすべてのリピート通販事業者様に対して、「規模拡大」や「成長」を見据えた最適な物流プランを提案いたします。「ライトプラン」導入期から事業者様と併走するため、後に事業が拡大し、顧客ごとの細やかな対応(One to One マーケティング)が必要になった場合も、最適なタイミングで「カスタマイズプラン」へ切り替え、スムーズに当社ならではのCRM物流の導入が可能です。

  • このようなお悩みを解決

・物流品質は下げずに、コストを抑えたい。
・チラシ・販促物同梱などにより、リピート率を改善したい。
・繁忙期に出荷制限をかけたくない。
・出荷量が増加した際、本来やるべきコア業務に集中できない。
・物流に関わるお問い合わせ対応を減らしたい。

  • 費用

初期費用 30,000円  (税別)
(※システム連携費、導入支援費用含む)

  • 提供開始日

2022年1月20日(木)

  • 今後の当社事業の展開について

 EC・通販事業者様からの様々なニーズや市場変化に対応できるよう、随時サービス内容を追加・拡張してまいります。
 特にリピート通販の事業拡大に直結する「CRM・LTV最大化のサポート」や「高品質物流」を通じてEC・通販事業者様のさらなる事業成長に貢献することを目指してまいります。

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント