独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区、理事長:豊永 厚志)は、コロナ禍による売上減少や、昨今の消費行動の変化に伴い、中小企業者の新たな販路開拓・事業展開に資する取り組みとして中小企業のDX化の取組みを支援しています。今般、中小企業が、D2C、サブスクリプションといった新しい販売手法に対応するのを支援するため、「地域活性化パートナー」と連携し、以下の取組みを実施いたします。

1.ブランドと顧客が直接つながるビジネス「D2C(Direct to Consumer)」を構築するための「D2Cスタート講座」を開講
・株式会社フラクタなど複数の地域活性化パートナーと連携し、ブランドと顧客が直接つながるビジネス「D2C」を構築するための「D2Cスタート講座」を2021年7月16日(金曜)より開講します。
・本講座はD2C事業に取り組む上で重要なポイントをテーマとした講座を9回実施し、前半の講座ではD2C事業のコンセプトづくりをゴールにブランディングやECサイトの運用について解説、後半の講座では事業計画策定をゴールに顧客体験の構築や顧客データの活用方法などをお伝えします。すべて1回完結型のオンライン講座です。
※詳細は別紙の「募集要項」(https://prtimes.jp/a/?f=d21609-20210608-1836.pdf)をご覧ください。
■企画概要:https://www.smrj.go.jp/sme/new_business/product/favgos000001k3ob.html

【6月16日にキックオフウェビナーを実施】
「D2Cスタート講座」の開始に先立ち、同講座のメイン講師より、企画概要やD2C事業に取り組む意義を説明いたします。D2C事業の事例紹介なども行う予定です。
・キックオフウェビナー開催概要
■開催日時:6月16日(水曜)10時30分~11時30分(オンライン)
■申込:https://www.smrj.go.jp/contact/keiei_03
※キックオフウェビナーの概要はこちら:
https://www.smrj.go.jp/sme/new_business/product/favgos000001k3q4.html

2.サブスクリプションビジネスの実践の場として無理なく開始できるプラットフォーム「サブスクポート」への掲載商品を募集
・中小企業が、無理なく月額制・定額制などのサブスクリプション型ビジネスを開始できるように、地域活性化パートナーであるフィネクトパートナーズ株式会社と連携し、ANAマイレージ会員向けのサブスク販売サイト「サブスクポート」への掲載商品を募集します。
・新しい販売手法やプロモーション力の向上、商品企画力の強化を図るため、地域活性化パートナーとの連携企画として、掲載費用の優遇などの特典や成功確率を高めるための事前アドバイスも実施します。
■企画概要:https://www.smrj.go.jp/sme/new_business/product/favgos000001iqlv.html

<地域活性化パートナー制度>
大都市圏や全国規模で活動する小売、卸売などの流通業、情報サービス業、観光業関連等の企業・団体を中小機構の「地域活性化パートナー」として登録し、中小機構と連携して、新事業展開に取組む中小企業の市場評価やマーケティング、販路開拓等に関する支援企画を実施しています(2021年5月1日時点で148社登録)。
地域活性化パートナー制度の詳細はこちら:
https://www.smrj.go.jp/sme/new_business/product/index.html

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000777.000021609.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント