■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・法人・個人事業主向けEコマース「Amazonビジネス」が提供する購買明細APIと日本で初めて公式に連携を開始しました
・「Amazonビジネス」とfreee会計のAPI連携によりセキュアかつ正確で安定した同期が可能になりました
・勘定科目の設定・税率の確認が容易になり混合税率の場合にも商品ごとに消費税率が明記されるため「自動で経理機能」の活用により自動化を実現

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、Amazonが提供する法人・個人事業主向けEコマース「Amazonビジネス」の購買明細APIと日本初の連携開始に伴い、freee会計との連携アプリケーションの機能アップデートを行ったことをお知らせします。
「Amazonビジネス」とfreee会計が購買明細APIで連携し、セキュアかつ速くて安定した同期、注文した商品単位での明細連携が可能になります。商品ごとの明細作成により2023年に開始されるインボイス制度に備えた消費税率の設定も簡単になり、従来1回の注文単位で同期されていた明細を手作業で入力し直す作業が不要となり業務効率化を実現します。

■Amazonビジネスの購買明細APIとの公式連携で経理の自動化が可能に
従来の連携手段(スクレイピング連携※)では1回の注文で複数品目を購入した場合に勘定科目や消費税率を商品別で設定できず注文がまとめて明細に表示されていたため、自動で同期された明細を注文した商品ごとに分けて勘定科目を設定する手作業が必要でした。
今回の「Amazonビジネス」とfreee会計のAPI連携により、セキュアかつ速くて安定した同期が可能となります。また、商品ごとに明細が作成されるため、勘定科目や税率の設定が簡単になり、「自動で経理機能」の活用によって自動化・業務効率化を実現します。
さらにAmazonビジネス上でユーザーが設定したグループ単位での同期ができ、部門や取引先単位での購入履歴の取り込みが可能となります。

※スクレイピングとはデータを収集した上で利用しやすいように独自に加工することを指します


■スモールビジネスのデジタル化支援の一環で日本初となる「Amazonビジネス」の購買明細APIとの公式連携を開始
中小企業をはじめとする多様な事業規模の企業のデジタル化支援に積極的に取り組む、法人・個人事業主向けのEコマース「Amazonビジネス」と、freeeの「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションとの親和性が高いことから今回の連携開発を行い、日本初の「Amazonビジネス」との購買明細API連携としてリリースしました。
この度の連携に際してアマゾンジャパン合同会社 Amazonビジネス事業本部 事業本部長 石橋憲人様から別掲のコメントをいただいております。

アマゾンジャパン合同会社 Amazonビジネス事業本部 事業本部長 石橋憲人様のコメント
この度、「Amazonビジネス」がfreee会計と購買明細APIで連携することにより経理業務の自動化を支援し、多くの中小企業および個人事業主の皆様により利便性の高い購買・調達体験をご提供できるようになりました。この機能はAmazon ビジネスのお客様からもご要望いただいていたもので、今回の連携によりお客様のニーズにお応えできることをとても嬉しく思います。引き続きAmazonビジネスでは、お客様の声に耳を傾け、さまざまな事業規模、業種でビジネスを展開するお客様のデジタル化を支援できるよう取り組んでまいります。

freee株式会社 CEO 佐々木大輔のコメント
この度freeeオープンプラットフォーム構想の一環でAmazonビジネスとの購買明細API連携を実施しました。freeeユーザーであるスモールビジネス経営者からもAmazonビジネスの購買履歴のデータ取り込みを希望する声は多く、今回日本で初めてAPI連携を実現できたことを嬉しく思います。また、Amazonビジネスが中小企業向けの支援に積極的に取り組んでいることにも親和性を感じております。
freeeは今後も様々な連携を通じて、業務効率向上に貢献する取り組みを進めてまいります。

■「freee会計」と「Amazonビジネス」の購買明細API連携の方法
freee会計の口座機能より「Amazonビジネス」と購買明細APIで連携いただけます。
連携方法の詳細:https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/4409921778457

以下の条件に当てはまる方がAmazonビジネスとのAPI連携の対象となります。
・日本のAmazonビジネス(http://business.amazon.co.jp)をご利用の方
・今回はじめてAmazonビジネスとfreee会計の連携を行う方※

※従来のスクレイピング連携でAmazonビジネスをfreee会計に連携されている方は、明細の作成単位の変更に伴い、従来のAmazonビジネス明細と新規のAmazonビジネス明細の勘定科目が決算書上同じものと判定されず手修正が必要となるため、現時点では今回リリースしたAPI連携に切り替えることは推奨しておりません。
従来のスクレイピング連携をご利用の方のAPI連携への移行方法は、別途ヘルプページにてご案内いたします。

※Amazon、Amazonビジネスおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

■「Amazonビジネス・freee会計連携キャンペーン」を実施

freee会計とAmazonビジネスをはじめて連携していただいた方全員にAmazonビジネスでの購入にご利用いただける3,000円分のクーポンのプレゼントキャンペーンを実施します。

「Amazonビジネス・freee会計連携キャンペーン」概要
キャンペーン期間:2022年1月24日(月)〜2022年3/10(木) 
キャンペーン適用条件:
1.freee会計有料プランご契約中であること
2.キャンペーン期間中にはじめてfreee会計とAmazonビジネスを連携していること
3.キャンペーン期間中に専用応募フォームからご応募が完了していること
※キャンペーンの適用は1事業所あたり1回までです。

プレゼント:
条件を満たした申込者の方全員にAmazonビジネスで利用可能な3,000円分のクーポン
※プレゼントキャンペーンのクーポンは、1回の注文金額が10,000円(税込)以上の注文でご利用いただけます。

応募方法:
1.Amazonビジネスに登録(お済みの方は不要)
2.freee会計の有料プランに登録(お済みの方は不要)
3.freee会計の口座機能からAmazonビジネスを連携
4.「キャンペーンに申込む」ボタンをクリックし、フォームにお名前、freee会計の事業所番号※、ご登録されているメールアドレスを入力して送信
※事業所番号はfreee会計にログイン後、右上に表示される事業所名の詳細からご確認いただけます。ハイフンを入れずに10桁の番号をご入力ください。

キャンペーンに関する詳細は下記をご参照ください
URL:https://go.freee.co.jp/202111_amazonbusiness_campaign.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント