株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は、台湾大手のECモール運営会社であるPChome Online Inc.(以下、PChome)グループ傘下の比比昂株式会社(以下、Bibian)と業務提携をし、Bibianが運営する越境代理購入サービス「Bibian 比比昂」を通じた台湾での越境販売を開始いたします。

PChomeおよびBibianについて

PChomeグループは、2005年1月に台湾証券取引所へ上場した台湾大手のECグループです。ショッピングサイトやオークションサイト、電子決済などのサービスを提供するECモール「PChome オンライン」を運営しています。Bibianは、PChomeの完全子会社で、台湾のお客さまが手軽に日本や米国の商品を購入できる代理購入サービス「Bibian 比比昂」を運営しています。

連携開始の背景

メルカリは、中期的な経営戦略としてさらなるグローバル展開に力を入れており※1、2019年11月より世界100以上の国・地域を対象にCtoCの越境販売を開始しています※2

これまでの取引から、「メルカリ」の商品に対する台湾からの需要が明らかになっていること、また台湾の消費者の42.7%が過去1年間に越境ECを利用しており※3、越境ECサービスとの親和性が高いことから、今回PChomeグループ傘下の「Bibian 比比昂」と提携し、越境販売を開始することを決定しました。

メルカリは、台湾においてすでに越境販売を開始しておりますが、本提携によってさらに異なる需要や属性のお客さまが手軽に「メルカリ」の商品を購入できるようになることで、より良いお客さま体験を提供することを目的としています。

※1:株式会社メルカリ 決算説明会資料(FY2021.6 4Q)https://pdf.irpocket.com/C4385/bygc/EKBN/Y2jG.pdf
※2:フリマアプリ「メルカリ」、100か国以上での越境販売を開始 〜代理購入サービスを通じ、海外のお客さまにも販売が可能に〜(2019年11月)https://about.mercari.com/press/news/articles/20191115_crossborder/
※3:財團法人資訊工業策進會產業情報研究所『2020年網購消費意向調查:網路購物行為』(2021年5月)

越境販売における取引の流れ

「Bibian 比比昂」( https://mercari.bibian.co.jp/ )上で台湾のお客さまから注文が入ると、台湾のお客さまに代わり「Bibian 比比昂」の公式アカウントが「メルカリ」上の商品を購入し、日本国内の拠点で商品を受領・検品後、台湾のお客さまへ発送します。台湾への配送等は全てBibianが行うため、「メルカリ」の出品者は、これまで通りの配送方法と配送料でのお取引が可能です。

なお、「Bibian 比比昂」上に掲載された「メルカリ」の商品は、台湾の大手ECモールである「PChome」上からも検索可能です。これにより、さらに多くの台湾のお客さまが手軽に「メルカリ」の商品を見つけられる機会を提供いたします。

メルカリは、これからも「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションに、より手軽で安心・安全なマーケットプレイスをグローバルに展開してまいります。

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント