中国・東南アジア市場向けにEC店舗運営支援を行う、株式会社unbot(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中町秀慶、以下unbot )は、中国EC商戦「618セール」の消費者調査を目的に、unbotグループ全従業員に対し、自社アンケートシステムを利用して、任意回答による消費者調査を実施いたしました。

  • 調査概要

目  的:中国EC商戦「618セール」消費者調査
調査対象:unbot(アンボット)グループ全従業員(アルバイトを含む)
従業員データ:東京本社19名、中国子会社(unbot China inc.)167名(2021年6月時点)
調査期間:2021年6月22日~27日
調査方法:社内アンケートシステムによる任意回答
回答人数:96人(女性74人/男性22人)

  • 回答者の属性(年代)

・70年代生まれ:1人(1%)
・80年代生まれ:8人(8%)
・90年代生まれ:85人(89%)
・00年代生まれ:2人(2%)

  • 回答者の属性(性別)

・女性:74人(77%)
・男性:22人(23%)

  • 今回の618セールで、ECサイトを利用して買い物をしましたか。

・はい:91人(95%)
・いいえ:5人(5%)

  • 利用したECサイトを教えてください。(複数回答可)

【1位】タオバオ:76人
【2位】天猫(T-mall):67人
【3位】JD.com:50人
【4位】Pinduoduo:11人
【5位】RED(小紅書):1人
【6位】その他:5人

  • 越境ECサイトを利用しましたか。

・はい:44人(49%)
・いいえ:46人(51%)

  • 利用した越境ECサイトを教えてください。(複数回答可)

【1位】天猫国際(T-mall Global):43人
【2位】JD.com Global:6人
【3位】その他:1人

  • どのような商品を購入しましたか。(複数選択可)

【1位】化粧品類(フェイスマスク、基礎化粧品、コスメ、香水等)
    58人
【2位】ファッション関連用品(衣服、カバン、アクセサリー等)
    53人
【3位】日常消耗品(ハンドソープ、ティッシュペーパー等)
    51人
【4位】食品類(サプリメントを含む)
    34人
【5位】ペット用品
    21人
【6位】電子機器(スマートフォン、パソコン、カメラ、イヤホン等)
    20人
【7位】美容家電(美顔器、脱毛器,電動歯ブラシ等)
    16人
【8位】家電製品(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ等)
    7人
【9位】その他
    3人

  • 今回、日本ブランドの商品を購入しましたか。

・はい:40人(44%)
・いいえ:50人(56%)

618セールの合計消費金額を教えてください。
【1位】1,000〜3,000RMB(約17,000〜51,000円)
    29人(32%)
【2位】〜500RMB(〜約8,500円)
    22人(24%)
【3位】500〜1,000RMB(約8,500〜17,000円)
    16人(17%)
【4位】3,000〜5,000RMB(約51,000〜85,000円)
    15人(16%)
【5位】5,000RMB以上(約85,000円以上)
    10人(11%)
※1RMB(人民元)=17.16円換算(7月5日17:00時点/Yahoo!ファイナンス調べ)

  • 普段、誰からの「口コミ」を最も参考にしていますか。

【1位】親戚や友人の口コミ
    34人(35%)
【2位】注目しているKOL(Key Opinion Leader)の投稿
    25人(26%)
【3位】ブランドの広告
    20人(21%)
【4位】ネット上の匿名レビュー
    12人(13%)
【5位】その他
    5人(5%)

  • 普段、最も活用している「口コミ」サイトを教えてください。

【1位】RED(小紅書)
    41人(43%)
【2位】Weibo
    23人(24%)
【3位】bilibili
    14人(15%)
【4位】Douyin(Tik Tok)
    8人(8%)
【5位】その他
    6人(6%)
【6位】WeChatのモーメンツ
    4人(4%)

  • 618セールを利用しなかった人の意見

・特に欲しいもの、必要なものがありませんでした。
・ECサイトのアカウントを持っていません。

  • 618セールで買い物をした人の感想

・今年は6月1日から20日までの長期戦で、イベントが盛りだくさん。一番お得に購入できるイベントのチェックが大変でした。
・好きなブランドのスキンケア用品が、以前ほど値引きされず残念でした。
・お目当の商品購入後、さらに値下げされたため損をした気分になりました。
・KOLのライブ配信が大ヒット。その巧みな話術と魅せ方で、欲しいと思っていなかったものが欲しくなってしまうのです。そして、驚くほどの割引価格で購入できるので、購入リンクが公開された瞬間に完売していました。
・イベント期間中、数多の広告が表示されるのですが、広告を純粋に信用していません。
・大型イベントになると、クーポンの使い方が非常に複雑なので、シンプルになると嬉しいです。

  • まとめ

アンケート回答から、96人中95%の人が「618セール」のEC商戦を利用していました。
RED(小紅書)に関しては、ECの利用率はわずか1%でしたが、口コミを参考にしているサイトランキングでは1位(43%)の支持率であったことから、消費者は口コミを調べるサイトと、買い物をするサイトを使い分けていることが分かりました。
企業の販促戦略では、ブランド店舗ページからの購買を狙うだけではなく、影響力があるKOLのライブ配信を通じて商品の魅力を訴求し、ターゲットの購買意欲をかき立てる戦略がポピュラーで、タオバオのライブコマースによる販売額は、開始後、約1時間半で20億元(約341億円)を突破し、熱い盛り上がりをみせました。
一方で、消費者からは「イベント期間の長期化や複雑なクーポンの利用方法により疲弊した。」といった声も寄せられましたが、それでも、大多数の人々が「お得な購買体験」を求めて「618セール」を活用していたことが分かりました。

  • unbotについて

株式会社unbotは、中国現地(上海/北京)に運営拠点を持ち、グローバルECパートナーとして、中国・東南アジア市場向けのEC店舗運営支援や、中国圏に特化したデジタルマーケティング事業を展開しています。そのほか、日本のアニメや漫画、アイドルなどのエンターテインメントの魅力を海外市場に発信する「IPエンターテインメントコンテンツ」事業や、EC店舗運営ノウハウから開発した、データマネジメントプラットフォーム(DMP)「TERAS(テラス)」の提供を行う、アクショナブルCDP事業などを手掛けています。
2011年の創業以降、「世界で一番多くの想い出を創造する会社」をミッションに掲げ、「想い出の創造が、人々や世界各国の距離感を近づけることができる」という信念のもと、ITの力を活用して「想い出」を創造し、企業価値の拡大と、さらなる発展を目指します。

■社名  : 株式会社unbot(アンボット)
■代表  : 代表取締役社長 中町 秀慶
■所在地 : 東京都品川区西五反田8-8-15 カーニープレイス五反田 5階
■設立  : 2014年11月 (創業:2011年9月)
■事業内容:
・グローバルECパートナー事業
・IP エンターテインメントコンテンツ事業
・アクショナブルCDP事業
■URL  :http://unbot.co.jp/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000030089.html

合わせて読みたい

コマースピックLINE公式アカウント