アウトバウンドを活用した新しいCRM施策

資料の概要

EC、D2C市場においては参入障壁が低くなりその結果、価格競争に巻き込まれたり、差別化が困難になってきたりし、参⼊しても短命に終わってしまうという実情があります。特に定期モデルでは、せっかく新規獲得した顧客も定期継続いただかなくては成り⽴たない仕組みですので、継続いただくことに課題を感じられている事業担当者の⽅も多いのではないでしょうか。

本資料は、定期継続率に悩む事業者様で新しいCRM施策の打ち手を検討されている方向けの資料です。CRM施策を打つべき本当に最適なタイミングをお客様のモチベーション推移から説明し、どのように訴求していくかについてまとめています。

一つの方法としてコールセンターを活用した完全成果報酬型の施策もご紹介しておりますのでご参考にしていただければ幸いです。

資料の目次

1.定期モデルは継続率が根幹
2.定期継続率に関わるよくある課題
3.定期を続けようと思う顧客⼼理を考える
4.顧客への最適なコンタクトタイミングとは
5.『SMOTアプローチ』のご紹介
6.「売る」のではなく「伝える」アプローチ
7.まとめ

資料の対象者

  • webからの商談化数を増やしたい方
  • マーケティングオートメーションという言葉は知っているが何ができるのかよくわからない方
  • 導入するために、社内でわかりやすく説明をしたい方

資料のダウンロードフォーム

    ・氏名 ※必須

    ・会社名 ※必須

    ・メールアドレス ※必須

    ・電話番号 ※必須

    「サービス利用規約」「個人情報保護方針」に同意する。



    コマースピックLINE公式アカウント

    コマースピックメルマガ